バナー バナー
恋愛
最終更新日:2022/08/08

歳の差カップルは何歳差から?円満に付き合うポイントや魅力について徹底解説していきます


【女性が歳上の場合】歳の差カップルのメリットと注意点

【女性が歳上の場合】歳の差カップルのメリットと注意点

歳下の彼氏には歳上男性とは違った魅力があります。ここでは、女性が歳上の場合のメリットと注意点をご紹介します。

メリット①:リード関係の開放によるリラックス効果

彼女が歳上のカップルは女性側がリードすることも多いため「自分がリードしたい」と考えている女性には歳下の男性が合っています。また「彼女に甘えたい」と感じている男性にとって、リードしてくれるような歳上の彼女は魅力的な存在です。

男性は歳上の女性に対して包容力を感じることが多く、同年代の女性に比べて自然と甘えやすくなります。そのため、歳上女性が男性を引っ張るシーンも自然と増えていきます。男性がリードしなければいけないというプレッシャーや負担から解放されるため、お互い立場を気にせずリラックスした状態でデートが行える点がメリットです。

メリット②:癒される歳下彼氏の可愛い一面

彼女に甘える姿など、普段人には見せないような可愛い一面に癒される点は歳下彼氏と付き合うことの大きなメリットです。さらに、普段甘えん坊の彼氏がいざというときに頼りになったりと、可愛い一面とかっこいい一面のギャップを楽しめます。

また、彼氏が少々頼りなくても許せてしまうことも歳下男性ならではの魅力です。女性側が心に余裕を持ちやすく、良好な関係を築きやすくなります。

メリット③:仕事への理解度

歳上女性は彼氏よりも社会経験が豊富で、仕事に追われる男性の姿をたくさん見ている場合が多いです。そのため彼氏がまだ仕事に不慣れで余裕がなくても、忙しさを理解してあげることができます。歳下だからこそ頑張っている姿を「可愛い」と思う瞬間が多く、素直に応援の気持ちを抱きやすいです。

歳下彼氏からすると、仕事をテキパキとこなす歳上の女性はかっこよく見えます。また、仕事が忙しくて女性から責められるケースもあるなかで、仕事に理解のある歳上彼女はありがたい存在といえるでしょう。お互いの仕事に尊敬の念を持ちながら、支え合って日々働くことができるのも歳下彼氏ならではの特徴です。

注意点①:収入格差

一般的に、彼氏の年齢が若いほど社会人経験が短く収入が低い傾向にあります。女性側の収入によっては歳上彼女の方が稼いでいることも少なくありません。収入の差がある場合、デート費用が割り勘になったり女性が多く支払ったりする可能性も高くなります。

誕生日やクリスマスなどのイベントで自分が高価なプレゼントを渡しても、彼氏の収入によっては自分があげたものより安いプレゼントが返ってくることもあるでしょう。また、収入格差がある状態で同棲した場合、生活費の負担割合で揉めてしまう原因にもなりかねません。収入が少ない歳下彼氏は「ヒモ」になりやすく、多く自分が彼氏を養う状況に納得していない場合はモヤモヤした気持ちを抱えながら過ごすことになります。

女性の方が稼いでいる場合は、歳下彼氏にあえて自分の収入を伝えないことも1つの方法です。

注意点②:同世代より遅れる結婚

歳上や同年代の男性と付き合った場合と比べて、歳下彼氏は交際してから結婚に至るまでの期間が長くなる傾向にあります。そのため、同世代より婚期が遅れる可能性が高いことがデメリットです。

たとえば彼氏が20代の大学生の場合、卒業してから就職するまで最低でも数年は待たなければいけません。男性は仕事が安定するまで結婚を考えない人も多いため、就職してからも何年かは結婚の話題が出てこない場合もあります。

歳下彼氏との交際において、結婚のプレッシャーを与えるのは逆効果です。将来のことを急かさずに、歳下彼氏の環境が落ち着くまで気長に待ってあげることが結婚への近道になります。

注意点③:ジェネレーションギャップ

歳上彼氏との注意点でも触れましたが、歳下彼氏と付き合ってる場合も歳の差が大きければ大きいほどジェネレーションギャップを感じやすくなります。世代の違いを感じるからといって、歳下彼氏を子ども扱いしたり自分をおばさん扱いしたりするのはふたりのためにもよくありません。

歳の差カップルにとって、ジェネレーションギャップは避けられない課題です。お互いの時代背景を理解することとそれぞれの違いを楽しもうとする心の余裕が大切になります。

次ページでは、歳の差カップルの円満にいく付き合い方ポイントをご紹介します!

1 2 3