あなたにぴったりの街はどこ?ホテル暮らしで街をお試ししませんか。「ホテル暮らし」はCHINTAIがおすすめする、お部屋さがしの新ステップ。数日間のホテルステイを通して、その街での暮らしをイメージしよう!

※新型コロナウイルス拡大ならびに緊急事態宣言下での利用については、政府・都道府県・各宿泊施設の判断・指示に従ってください。


※新型コロナウイルス拡大ならびに緊急事態宣言下での利用については、政府・都道府県・各宿泊施設の判断・指示に従ってください。

東京エリア

神奈川エリア

千葉エリア

埼玉エリア

茨城エリア

お部屋探しは、「①街や駅を選ぶ」「②お店に問合せる」「③お部屋を決める」というのがメインのプロセス。
でも、「暮らしやすい街を選ぶ」ということに難しさを感じている人も多いのではないだろうか。

step01
step01

通勤・通学時間や街のイメージ、家賃相場で住んでみたけれど、実際に住んでいるうちに違和感が増えてきて……。
毎日過ごす場所だからこそ、自分の「生活スタイル」や「大切にしたいこと」「苦手なこと」にあった場所がどんな街なのか、考えるタイミングを持ってみよう。
ホテル暮らしで街をお試しすれば、その街の朝・昼・晩の雰囲気や、通勤・通学時の混み具合など、住んで初めてわかることを体験できる。

step01
step01
 

初期費用や引越し費用、時間や作業などを考えると、引越しは「大きな買い物」だとも言われている。
ニーズに後押しされてか、近年少しずつ話題になっているキーワードが「試住」。文字通り「試し住み」を指す言葉で、物件自体を試すこと(物件試住)と、エリアを試してみること(エリア試住)の2つがある。
通常のお部屋探しの場合、賃貸契約を結ばずに「物件試住」を行うにはハードルがあるため、「ホテルステイ」を活用してまずは住みたい街での「エリア試住」がおすすめ。

 

一泊二日を街で過ごすだけでも、色々なことに気づくもの。事前に自分が知っておきたいことを考えておいた方が、より深く街を体験することができる。 以下におすすめのチェックポイントを挙げてみたので、ぜひ参考にしてほしい。

    • お店が多い駅や大学がある駅など、にぎやかな反面、多くの人が帰宅時間となる夜の雰囲気は確認しておきたい。
      また、駅を出る方角(東口と西口、など)が違うだけで全くイメージが変わることも。
      交番の有無などは地図でもチェックできるが、道の明るさは実際に行ってみないとわからない情報だ。
    • 朝の通勤時間帯、夜の帰宅ラッシュなど、乗りたい電車がどのくらい混んでいるのかも、実際に体験してみよう。
      あまりの混雑に乗車時間を早める必要がある場合、希望の駅を各駅停車などの隣駅にずらした方がよい場合もある。
    • 普段の買い物がどこでできそうか、もチェックしておきたいポイント。自分のライフスタイルで無理なく過ごせる街なのかどうか、商店街や駅ビル・大型スーパー・コンビニの位置や品揃えの雰囲気は確認しておきたい。
      また、意外と困るのが病院。いざ体調を崩した時になって、近場に病院が少ないことに気づくのは大変だ。
    • 外食が多い人にとって重要なのがお店の有無。チェーン店しかない街、個人店しかない街、など行ってみると気づくことがある。
      事前に調べておくのはもちろん、実際にどんな店があるのか散策してみよう。
 
    • 施設さまのサイトで直接ご予約ください。ホテルステイの予約ページは各施設紹介の「詳細・予約」ボタンからご移動ください。
    • 施設さまによって利用についてのルールが異なりますので、予約時にお問い合わせください。
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう