よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お金・節約 > 北海道での賃貸物件探しは「光熱費」に注目!一年の半分が寒い冬だから暖房費は想像以上!?【PR】

北海道での賃貸物件探しは「光熱費」に注目!一年の半分が寒い冬だから暖房費は想像以上!?【PR】

北海道での賃貸物件探し、家賃や立地だけで決めたら損!?

本州と違い、夏も湿気が少なく涼しい北海道での新生活には夢が膨らむもの。希望の場所に気に入った間取りと設備の賃貸物件を見つけて「快適な北海道暮らし」をスタート!といきたいところだが、忘れてはならないのは、北海道には寒い冬があるということ。

その年にもよるが、10月から4月の半年間は暖房が必要になり、寒い年だとゴールデンウィークに雪が降ることも。

そんな一年の半分が「冬」となる北海道での暮らしでは「光熱費」がとても重要になるのだ。
さらに最近は在宅ワークなどで、おうち時間が長くなる場合もあり、生活に与える影響が大きくなっている。

光熱費を左右するのが、ガスと電気の料金。そこで、今回は北海道ガス(以下、北ガス)を利用した賢い選択をご紹介しよう!

北海道での賃貸物件探しに光熱費が大切な理由を解説!

北海道での賃貸物件探しで「光熱費」が大切な理由は冬の厳しさ!

なぜ、北海道で「光熱費」がポイントなのだろうか? それは北海道の冬の厳しさが理由だ。

寒冷地である北海道では、冬場のエネルギー需要が高まる傾向にある。厳しい寒さをしのぐため、冬場に生活するうえで暖房を欠かすことができないのだ。その他にも日照時間が短く水温も下がるため、どうしても冬場の光熱費は高くなってしまいがち。
さらに、新型コロナウイルスの影響で在宅時間が増え、電気料金や暖房費用などが3割以上アップしているケースもあるという。

現に、北ガスの調査によれば、1LDKモデルで比較すると1月は7月に比べ3倍以上のエネルギーを必要とし、その分光熱費がかかってくる傾向があるそうだ。

夏場(7月)と冬場(1月)のエネルギー負荷の違い

北海道の冬場のエネルギー負荷は夏の倍以上に!

北海道で経済的に暮らすには、立地も間取りも大切だが、「光熱費」の選択も大切なポイントになるのだ。

都市ガスの賃貸物件がおすすめの理由とは?

北海道の賃貸物件には、 寒い冬を暖かく快適に暮らすために 暖房機が付いていることが多く、暖房機の種類はさまざま。

⼀般的なのは、灯油やガスを使ったFF式暖房機。FFとはForced Flue(強制通気)の略で、電動ファンなどで強制的に給気と排気を⾏う暖房システムのこと。その他にも⽯油ストーブや、最近では暖房機能を有したエアコンなどもある。

たくさんの選択肢がある中、都市ガスを利用する暖房機の賃貸物件を選んだ⽅がいいメリットを調査してみた。

プロパンガスと比べて約5割も安くなる!

2020年9月の価格をもとに北ガスの一般料金と札幌市消費者センター調べのプロパンガス平均価格を比較。なんと約5割も都市ガスのほうが安くなる結果となった。

2020年9月25日札幌市消費者センター調べ 都市ガスとプロパンガスの平均価格

都市ガスとプロパンガス、料金を比べてみるとこんなに差が!

※プロパンガスは2020年9月25日札幌市消費者センター調べ平均価格
※都市ガスは2020年9月の北海道ガス㈱一般契約料金適用単価(原料費調整額込)にて計算。共に基本料金、消費税(10%)込
※プロパンガスと都市ガスは熱量が異なるため、同一条件になるように使用量にて熱量換算で比較

料金体系が明瞭で安心

給湯・暖房も都市ガスなら専用メニューがあってさらにおトクに!
冬場に使う光熱費が気にかかるところだが、給湯と暖房も都市ガス利用物件向けに、各都市ガス会社とも専用のおトクな料金メニューが用意されている。
一般料金よりおトクな料金単価で都市ガスが利用できるので、冬場も安心だ。

住もうと考えている物件がその対象かどうかをチェックするとよいだろう。
また、料金メニューが明瞭で常に公開されていることも安心の理由につながる。

賃貸物件の必須条件で「都市ガス」がTOP10にランクイン

CHINTAIネット北海道版における賃貸物件の検索条件で「都市ガス」が7位にランクイン。

※2020年9月CHINTAIネット調べ

今年はステイホームにて在宅時間が長くなったこともあり、ペットなどの癒しのニーズやエアコン・温水洗浄便座など住環境を快適にする設備が昨年よりも上位にランクされている。
そこに「都市ガス」も昨年同様、条件として上位で選ばれており、北海道で賃貸物件を探している人にとって光熱費への関心、都市ガスの重要性がわかるだろう。

また、全国の賃貸物件に住んでいる20代・30代の男女各200人に入居者ニーズアンケートを実施し、「この設備・条件がないと入居しない!」という条件を聞いてみたところ、「部屋が都市ガスであること」という条件が、全体で7位、男性で5位、女性で8位という結果に。

「この設備・条件がないと入居しない!」賃貸物件の条件ランキング

※調査時期:2018年11月 調査方法:ネット調査 地域:全国
対象:賃貸物件に住んでいる20代・30代男女(男200人/女200人)

全国的にも「部屋が都市ガスであること」という条件の需要の高さが伺えるだろう。

ガスだけじゃない! 電気も「北ガスの電気」を選ぶと光熱費がおトクに

実は、北ガスでは2016年から電気のサービスを開始している。
北ガスの電気」は従来の電気料金※1に比べ電力量料金単価が全区分3%おトクになるという。
さらに北ガスはじめ、北海道内の都市ガス会社のガスを使うと付帯割引が適用になり電力量料金が1~3%割引となり※2電気料金がさらにおトクになるのだ。

つまり、北海道で都市ガス物件に住むなら電気は「北ガスの電気」を選ぶことが賢い選択と言えよう。

※1北海道電力㈱従量電灯B
※2機器による

「北ガスの電気」を選ぶとこんなにおトクに!

北ガスを利用した人の生の声をご紹介!

K・Yさん(25歳/札幌市北区在住)
K・Yさん(25歳/札幌市北区在住)

前はプロパンガスの賃貸物件だったので、かなり光熱費を気にしていました。今は都市ガス物件で、光熱費の心配をせずにお湯と暖房を使えるようになりました! 不動産会社の方も言っていましたが、光熱費ってばかにならないので、安心できる都市ガスの賃貸物件に住んで正解でした。

Y・Yさん(21歳/札幌市厚別区在住)
Y・Yさん(21歳/札幌市厚別区在住)

「北ガスの電気」は使用量が少なくても経済的なので、学生にも優しくて良いですね! 緊急時の対応もとっても良かったです! 夜間、急に暖房機が故障した時も北ガスさんが来てくれました。どうなるかと思いましたが、替えの部品がありその日のうちに直って良かったです。

T・Kさん(42歳/札幌市西区在住)
T・Kさん(42歳/札幌市西区在住)

主人の転勤で道東から札幌へ引越ししました。雪が多い札幌暮らしなので、スーパーや銀行等が近くにある都市ガスセントラルヒーティングの分譲マンション賃貸を選びました。昨年はじめての冬を経験してびっくり、以前の家よりも広くなったのにガス代金が安い!夏も冬も快適に暮らせて正解でした。

<まとめ>北海道では「光熱費」を意識して、都市ガスの賃貸物件を選ぶのがおすすめ!

このように北海道においては、光熱費が賃貸物件選びの大事なポイントであることがお分かりいただけたのでは?

北海道での初めての一人暮らしの人も、住み替えの人も、都市ガスで満足した暮らしを送っているようだ。

慣れない土地で暮らすのには不安はつきものだが、その分刺激とワクワクもたくさん。広大な土地と美味しい食べ物が魅力的な北海道の生活は、光熱費の心配も少ない都市ガスの賃貸物件で暖かい毎日を過ごそう!

 

北海道の賃貸物件はこちら!
札幌市の賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部おすすめ記事
最新記事
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger