よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 暑い夏にぴったり!HARIOのコールドブリューボトルでお家で簡単に美味しいコーヒーを入れよう

暑い夏にぴったり!HARIOのコールドブリューボトルでお家で簡単に美味しいコーヒーを入れよう

おうちで美味しい水出しコーヒーを飲もう

暑い時期が来ると、どうしてもさっぱりしたものを飲みたくなるもの。しかし、その度にお店やコンビニに買いに出かけるのは少し億劫だし、お金もかかってしまう…。そんな時に、お家で手軽に作れて飲めるアイテムがあるといい。

そこで、今回は熱湯を使ったり難しい工程があったりすることなく、置いておくだけで水出しアイスコーヒーができるHARIO (ハリオ) コールドブリューボトルを紹介したい。

お家でコーヒーを作るならHARIOのコールドブリューボトルがおすすめ

HARIO (ハリオ) コールドブリューボトルは縦型の蓋のついたボトルの形をしている。

 

パーツは本体、注ぎ口と栓、上下ストレーナーとメッシュに分解できる。それぞれ、耐熱ガラス、シリコーンゴム、ポリエステルの素材で作られている。シンプルな色合いとデザインで、どんな家にも馴染むのが嬉しいポイント。本体ボトルのシールは簡単に剥がすことができる。

分解されたコールドブリューボトルのパーツ

パーツもシンプルで使いやすい

大きさは牛乳パックより少し大きいくらい。冷蔵庫にもしまいやすく、扱いやすいのが特徴だ。蓋がきちんと密閉してくれるため、横にしても水がこぼれることがない。

冷蔵庫で冷やされるコールドブリューボトル

冷蔵庫横のポケットにも入りやすい大きさだ

このボトルは650mlが入り、約5杯くらいのコーヒーを作ることができる。ブラウン以外にもベージュカラーもあるので、インテリアに合わせてカラーを選ぶと良いだろう。

実際にHARIOのコールドブリューボトルで水出しコーヒーを作ってみた

実際にHARIOのコールドブリューボトルで水出しコーヒーを作ってみた。650mlの水出しコーヒーを作る。

まず、粉のコーヒーを55g計り、下ストレーナーの中に入れていく。おすすめは深入りのコーヒー粉で、挽き具合は中細挽き。下ストレーナーに粉を入れたら、上ストレーナーにくっつける。

深煎りのコーヒー粉を入れたストレーナー

ストレーナーはしっかりはめて、粉がこぼれないようにしよう

ストレーナーを本体ボトルに戻し、水を下ストレーナーのフィルター部分まで注いでいく。

コールドブリューボトルとミネラルウォーター

ミネラルウォーターを使う場合は、軟水がおすすめ。

あまり勢いをつけてしまうと、ストレーナーを介さずに水が流れてしまうため、粉全体を湿らせるように静かに注ごう。この時のお水はカルキ臭がないミネラルウォーターか一度沸騰させたお水がおすすめだ。

コールドブリューボトルに静かにミネラルウォーター注ぐ様子

あまり勢いよく水を入れてしまうと、粉全体が湿らない

水を入れたらしっかりと蓋をし、ボトルを左右に振って軽く混ぜる。

コールドブリューボトルを優しく左右に振る人

左右にやさしく振って濃度を調節しよう

そして、冷蔵庫で8時間抽出すると…!

完成!簡単に夏に飲みたい水出しアイスコーヒーを作ることができた。

コールドブリューボトルで作る水出しアイスコーヒー

お家で簡単にアイスコーヒーができた!

注ぐ時には、粉が下に溜まってしまっていることがあるため、左右に優しく振ってからグラスに開けるとよい。作ったアイスコーヒーは冷蔵庫で2-3日の保管ができるが、風味などを楽しみたい人は早めに飲むことをお勧めする。

寝る前に水を注げば、朝起きる時には美味しい水出しコーヒーを作ることができる。火を使わないので、小さいお子さんがいる家庭でも使いやすいだろう。

後片付けも簡単。お茶などを作っても◎。

HARIOのコールドブリューボトルは後片付けも簡単だ。前述したとおり、全てのパーツが細かく分解できるため、スポンジでも洗いやすい。さらに、耐熱でもあるため、消毒も容易にできる。

洗浄も簡単なコールドブリューボトル

パーツが分解でき、かつシンプルな形なので、洗いやすい

また、使っているうちにストレーナーの目が詰まってしまうことがある。その場合は、公式サイトからリフィルのみを購入することができるので、安心だ。

自分に合ったコールドブリューボトルを探そう!

 

同じHARIOのメーカーから出ている1Lが入るコールドブリューボトル。使い方や水出しコーヒーの作り方は、先述したコーヒーボトルと変わらない。持ち手がついているので、注ぎやすい。毎日たくさんコーヒーを飲みたい方にはおすすめしたいボトルだ。

カラーもブラウンとレッドの2色展開。どちらもシンプルな形で、インテリアとしても使いやすい。

 

こちらも上記と同様、HARIOのコールドブリューボトル。大容量(1L)でたくさんのコーヒーが作れる。使い方や水出しコーヒーの作り方は、先述のフィルターインコーヒーボトルと同じだ。耐熱ガラスと分解できるパーツで、お手入れも簡単だ。蓋とストレーナーがステンレスでできていて、よりスタイリッシュなおしゃれなデザインも特徴的。

 

さらに大容量のコールドブリューボトルが欲しい方はこちら!ボトルは1.2Lが入り、横置きもできる仕様に。冷蔵庫が小さい人でも安心して使えるところが嬉しい。
ブラウンとガラスのみで形作られたシンプルなデザインが特徴で、どんなインテリアにも馴染む。しかし、耐熱は90度までなので、沸騰したお湯を使うことは避けよう。

コールドブリューボトルでお家でのコーヒーブレイクを楽しもう

コールドブリューボトルなら、ストレーナーの中に茶葉を入れ、熱湯を注げば紅茶や緑茶も楽しむことができる。

1つあれば、夏に嬉しい冷たい飲み物が、自宅でできる。火を使わないので、お手軽にできるできるところも嬉しいポイントだ。この夏は、自分に合ったコールドブリューボトルを使って、お家でのコーヒーブレイクを楽しんではいかがだろうか。

※記事内の商品情報は2020年8月3日現在のものです。

一人暮らし向け賃貸物件はこちら!

文:いとう

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger