よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > エンタメ > 仮想空間でエンタメ共体験…ヴァーチャルパークシステム「VARP」始動

仮想空間でエンタメ共体験…ヴァーチャルパークシステム「VARP」始動

保護者向けCHINTAI合格応援オンラインセミナー
クリエイティブ集団PARTYがヴァーチャルパークシステム「VARP」の提供を開始。

7月にはヴァーチャルライヴ開催!

クリエイティブ集団PARTYがヴァーチャルパークシステム「VARP」の提供を開始

未来の体験を社会にインストールするクリエイティブ集団PARTYが開発した「VARP」。これは、仮想空間上で世界中の人々がアバターを介して、音楽、ライヴ、映画、アート、イベントなど、あらゆるエンターテイメントの共体験を可能にするヴァーチャルパークシステム。

「VARP」を使うことでオリジナルのヴァーチャルパークを作り、iOS/ Android対応のアプリとして配布可能。ユーザーはその中を自由に動き回り、世界中のユーザーと同時に同じ体験ができるというもの。

ユーザーはその中を自由に動き回り、世界中のユーザーと同時に同じ体験ができる「VARP」

なお、「VARP」は複数のステージ&パピリオンが設置するマルチステージに対応し、音源との距離や方向をリアルタイムに反映するサウンドシステムを搭載。アバターやライヴ演出などはイベントに合わせカスタム可能で、配信も幅広い形態に対応。アーティストの3Dモデリング・モーションキャプチャーも対応し、今後はアプリ内課金による物販機能も搭載予定。

7月にはアーティストとコラボした第一弾企画、ヴァーチャルライヴも開催予定。詳細は6月にアナウンスされる。

オフィシャルサイトをチェック

※この記事は、2020年9月まで音楽メディア「PARTY CHANNEL」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです。
※掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger