よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > エンタメ > 国内若手NO,1は誰だ? DJ MAG JAPAN TOP 10 Ranking U-29 2019が発表に

国内若手NO,1は誰だ? DJ MAG JAPAN TOP 10 Ranking U-29 2019が発表に

29歳以下を対象とした国内DJ&プロデューサーのランキング「DJ MAG JAPAN TOP 10 Ranking U-29 2019」が発表された。

気になるDJ&プロデューサー部門の1位は?

「DJ MAG JAPAN TOP 10 Ranking U-29 2019」は、国内の若手(29歳以下)を対象にしたランキングで、DJ、プロデューサーの2部門からなる。今年に9月に募集が行なわれ、その結果がいよいよ発表された。

DJ部門では、昨年に引き続きSo-onが1位に。

そして、2位にはJAKE、3位はHIKONETで、以降はISSEI、ITAKOME、Tyago、RyuWong、VENNY、Gransnow、NIEL。

プロデューサー部門は、NATSUMIが栄冠に。

2位にはFiftee West、3位はTODAY IS THE DAY、以降はSoda Sphere、Fancy Floss、VEATZ、hkuya、J-Huk、WiredLain、SHIN_ZIXとなっている。

オフィシャルサイトをチェック

Photo:So-on / Kent TwitterNATSUMI Twitter

※この記事は、2020年9月まで音楽メディア「PARTY CHANNEL」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです。
※掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger