よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お部屋探訪 > 可愛いデコラティブワールドへ! ファッションアーティスト・millnaさんのお部屋探訪

可愛いデコラティブワールドへ! ファッションアーティスト・millnaさんのお部屋探訪

まるでお人形の世界!ファッションアーティスト・millnaさんの自宅にお邪魔してきた

人形に憧れ続け、そして本当に人形になってしまった人がいる。

その名もmillnaさん。

ファッションクリエイターとして、アパレルやアクセサリーのブランドを持つほか、着ぐるみのドールファッション・モデル「橋本ルル」のプロデュースやYou TuberのDOLL GAL MILLNAなど、世の“可愛い”に憧れる女子・男子に絶大な支持を得ている。

そんなmillnaさんの引っ越したばかりのお部屋にお邪魔した。

millnaさんとデコラティブな一人暮らしのお部屋

指先にまで行き届いた美意識が見事なDOLL GAL millnaさん。
この部屋で椅子に座る姿は額縁の絵のよう

プロフィール

名前:millnaさん
職業:ファッションクリエイター
年齢:26歳
Web : millna.net
twitter : @mi_te_yo
Instagram:: @mi_te_yo

ルームデータ

居住地:東京都
居住人数:1人
間取り:1LDK
家賃:内緒
築年数:かなり古い

「親への誠意」が一人暮らしのきっかけに

大学在学中からファッションクリエイター&デザイナーとして活躍していたmillnaさん。新卒就職をせずにフリーで働く道を選び、両親から「自立」を提案されたという。

「私としては家に残りたかったのですが、大学まで卒業させてもらいながら就職しなかったことへの誠意を見せないと…という気持ちもありました。それでも1軒目にクリエイター専用のシェアハウスを選んだのは、完全な一人暮らしでは寂しいかなと不安だったから」(millnaさん)

その選択は正しかった。クリエイターたちが60人も集まる大型シェアハウスはリビングには常に人が集い、大型キッチンにはピザ窯まであるユニークな場所で、「生まれて初めての一人暮らしの寂しさも紛れた」とmillnaさんは笑顔で振り返る。

しかし、その平和な日常も長くは続かなかった。
暮らし始めて1年ちょっとで「シェアハウス取り壊し」のニュースが駆け巡ったのだ。

「しばらくはそこに暮らすつもりで、部屋をかなり造りこんでいたのでショックでした。実質45,000円の格安家賃だったこともあり、制作用とプライベートの2部屋借りていたので、荷物の多さも半端じゃなくて…」(millnaさん)

millnaさんが現在の部屋に引っ越す前に住んでいたシェアハウスのお部屋

ここが以前のシェアハウスでの部屋。天井は白い布のドレープを施し中世の貴族のお屋敷のようだ

引っ越しを余儀なくされたmillnaさんが次に選んだのは、ずっと憧れていた街。友人も多く暮らしていて、何より夜行性のmillnaさんにとって夜中でも明け方でもお店が開いている環境が心強く感じた。

「住みたい街はすぐ決まったのですが、何せ単身者が多い地域なので“2部屋分の荷物が入る広さ”と“大きめのベランダ”の2条件を満たす物件がなかなか見つからなかった」のだそう。

築年数には目をつぶり、やっと見つけたのがこの1LDK。荷物が多すぎて単身者パックが利用できず、2トントラック積み放題コースにはなったのはご愛嬌である。友人に手伝ってもらい、2日かけて地獄のような引っ越しを終えたのが、2ヶ月前のことだ。

「お面を被れば人形になれる!」衝撃の橋本ルル誕生物語

大学在学中からイラストレーター活動を足がかりに、グッズやアクセサリーの販売、アパレルブランドの立ち上げと活躍の場を広げていた。服飾系のコースではあったものの、ゴスロリやフリフリのドレスで闊歩するmillnaさんは、学内でも「かなり尖った存在」だったという。

一方、中学生の頃から人形づくりを始め、人形作家としての顔も持つmillnaさん。作るだけでは飽き足らず、自分も人形になりたいと『小悪魔ageha』を参考に、長らくメイクやファッションを駆使して人形になろうとしていた。

millnaさんが粘土をこねるところから作った人形

粘土をこねるところから作った人形。
油彩で何重にも色を重ね、微妙な肌の色合いを出す

「誰しもリカちゃん人形などに夢中になる時期があるけれど、私はそこからずっとハマったまま来ている感じ」(millnaさん)

そんなmillnaさんに転機が訪れたのは、大学を卒業しフリーランスとして活動を始めた頃。
お面を制作しているクリエイターにイベントで出会い、それまでメイクやファッションだけで人形に近づこうとしていた自分が「お面を被ればリアルに人形になれる!」と閃いた瞬間だった。

クリエイターによる完成度の高いお面と、研究に研究を重ねていた人形制作技術が活かされた人形メイク、目の覗き穴さえ悟られぬ特殊技術と究極の可愛いファッションが重なって、世界に1人のドールファッションモデル「橋本ルル」が生まれた。

「球体関節ストッキング」を着用した物憂げな表情の橋本ルル

物憂げな表情の橋本ルル。手足には「球体関節ストッキング」を着用し、よりリアルな人形感が醸し出される

ちなみに着ぐるみのファッションモデルなので、中に入る人は誰でもOK。バレエダンサーに着てもらってパフォーマンスをすることもあれば、「人形になりたい普通の人」が変身することもある。サイズさえ合えば男性でも着用可能だ。

言葉を発しない橋本ルルのほか、YouTuberとして活躍するDOLL GAL MILLNAもいて、現在millnaさんの元で人形として活動しているのはこの2人。

ファッションデザイナーを軸にするmillnaさんの数あるプロジェクトの一端を担っている。

次のページでは、いよいよmillnaさんの引っ越したばかりのお部屋を紹介する。引っ越したばかりとは思えないほど、作りこまれたお部屋は必見だ!

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger