よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お部屋探訪 > インテリアに自信がない人へ! 「すべて隠すテクニック」でホテルのようなお部屋でシンプルな暮らし

インテリアに自信がない人へ! 「すべて隠すテクニック」でホテルのようなお部屋でシンプルな暮らし

シンプルな暮らし、センスに自信がなくてもできる?

東京での一人暮らし8年目、現在3軒目の部屋にすっきりシンプルに暮らすmilさん。

1軒目はキャラクターグッズに溢れ、2軒目で一気にモノを捨てシンプルに、そして3軒目で新築のこの部屋へと行き着いた。

まるでデザイナーズホテルのような雰囲気の部屋ながら、本人は「センスに自信がない」と言い切る。そんなmilさんにシンプルでナチュラルなインテリアのコツを伺った。

シンプルな暮らしを実践しているmilさんのお部屋

壁と床とベッドの白とたっぷりの日差しが部屋を明るく見せる

プロフィール

名前:milさん(26歳)
職業:会社員
居住形態:1人
Instagram :@shocomil

ルームデータ

所在地:東京都
間取り:1K
築年数:1年
家賃:87,000円/月

大学進学をきっかけに、「安全第一」な一人暮らしをスタート!

地方出身のmilさんは、大学進学を機に華々しく東京での一人暮らしをスタートさせた。部屋は実家にいる時にネットを使って検索したが、東京暮らしの経験がある母と一緒に内見にも訪れた。

「初めての一人暮らしが東京だということもあり、部屋に関しては両親のダメ出しがかなり厳しかったですね。セキュリティを考えてオートロックがついていることと、母が上京した時の布団を収納できるクローゼットの広さが条件で、大学に1本で通える板橋区に決めました」(milさん)

床下収納もあり、とにかくしまう場所には困らない部屋だった。

初めての一人暮らしの喜びも加わり、キャラクターもののグッズを集め、気に入った雑貨はすぐ購入。「カフェ風にしたい」と思えばマガジンラックなどの家具まですぐ買っていたというから驚きだ。

今からは想像できないほど、モノに溢れた部屋だったのだそう。

シンプルな暮らしを実践しているmilさん宅に飾られている切り花のインテリア

大学時代、観葉植物を枯らしてしまった苦い思い出から、今は切り花を中心にしている

大学4年間はその家で過ごし、次の部屋への構想を練った。

「クッション床材のペタペタした触感が苦手で、家具の跡がいつまでも残るのも嫌でした。次の部屋はフローリングの硬い床を第一条件にして探しました。でも、この条件で探す人は珍しいと不動産屋さんに言われましたけど」と笑った。

シンプルな暮らしを実践しているmilさん宅のベット下収納

この部屋の唯一の悩みは「収納の狭さ」。それを補うベッド下収納だ

次のページでは、milさんがシンプルな暮らしを始めるきっかけについてのエピソードを紹介する。モノが多かったmilさんが、どうしてシンプルな暮らしを実践できるようになったのか、チェックしてみよう!

123
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger