【一人暮らしDIY】ラブリコで作る収納棚でロフトをおしゃれで快適な空間に!

公開日:
最終更新日:

ちょっとしたスペースを活用してロフトに棚が作れる!

一人暮らし用のワンルームは、「ロフト付き」という物件が多い。ベッドルーム・趣味のスペース・書斎・物置などいろいろな用途に使えるので、あればうれしいスペース。

しかし、ほとんどのロフトは“何もない空間”。「ちょっとした棚がロフトにあればいいのに」と思っている人は多いのでは? 

ならば、DIYパーツ「ラブリコ」を使って、ロフトに合わせた収納棚を作ってしまおう!天井や床、壁を傷つけずに棚を設置できるので、賃貸住まいの人にも安心。女性一人でも作れるので、ぜひチャレンジしてみて!

なお、今回は、高さ96cm×幅90cm程度の棚をロフトに作る場合でご紹介。基本的な作り方は同じなので、ロフトのスペースに合わせて作ってみよう。

ラブリコを使用したDIYでちょっとしたスペースを活用してロフトに棚が作れる!

スペースに合わせて作れるから狭いロフトでも大丈夫!

■ 制作時間 30分
■ 制作費 5,455円(今回のサイズの場合)
■ 難易度 ★★☆

ラブリコで作るロフト収納棚の材料(高さ96cm×幅90cm程度の棚を作る場合)と道具

LABRICO 1×4アジャスター|ホームセンター、Webショップなど

価格:1セット1,040円×2セット

1×4(ワンバイフォー)という規格の木材に取り付てけアジャスターで突っ張るだけで、天井や床、壁を傷つけずに柱が立てられる。工具も不要!

ラブリコで作るロフト収納棚の材料:LABRICO 1×4アジャスター

壁などを傷つけずに設置できるので賃貸住人にピッタリ!

LABRICO 1×4棚受|ホームセンター、Webショップなど

価格:1セット857円×3セット

設置済のラブリコの柱に、後付けで1×4材を使った棚板が増設できる専用パーツ。取り付けねじが見えないので、仕上がりもスマート。

ラブリコで作るロフト収納棚の材料:LABRICO 1×4棚受

取り付けねじも同梱されているので安心。

1×4(ワンバイフォー)材|ホームセンターなど

価格:1本268円×3本(今回使用のものの場合。価格は長さおよび販売店によって異なる)

「ワンバイ」という規格の木材。ほとんどのホームセンターで扱っている。購入時にカットサービス(有料)を活用して必要な長さに切ってもらうと楽。
※今回は長さ183cmのものをカットして使用

【1×4材は以下の長さでカットすること!】
■ 柱(LABRICO 1×4アジャスター使用)……天高−5cmの長さに切る
■ 棚板(LABRICO 1×4棚受け使用)……取り付け幅−2cmの長さに切る
なお、切り口には紙やすりをかけ、バリを取り除いておこう!

道具

のこぎり(1×4材を自分で切る場合)
紙やすり
鉛筆
電動キリ(なければ一般的な手回しのキリでもOK)
ドライバー

Before

ラブリコを使えば、ロフトの天井や床、壁を傷つけずに、何もないロフトに収納スペースを設置できる。
今回は梁の下のスペースを活用して、小物や本などを置ける収納棚を作る。

ロフトのBefore

梁の下のスペースを有効活用!

まずはロフトに柱を立てよう

まずは、LABRICO 1×4アジャスターと1×4材を使って、柱を2本立てよう。この柱が棚の「軸」となるので、まっすぐとしっかり立てること。また、あとでこの柱に棚板をつけるので、棚板の幅も考えて設置しよう。

①.ラブリコを取り付ける

柱に使う1×4材の両端に、説明書に沿ってラブリコを取り付ける。

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:ラブリコを取り付ける

しっかりとはめ込むこと

②.ロフトに柱を立てる

設置したい場所に柱をまっすぐに立て、ラブリコのアジャスター回して床と天井でつっぱらせて固定させる。

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:柱を立てる

倒れないよう、しっかりつっぱらせよう

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:柱を立てる

同様の方法でもう1本立てれば、柱が完成

棚板を取り付けよう

LABRICO 1×4棚受と1×4材を使って、柱に棚板を取り付けよう。棚板は一度取り付けると外すのが面倒なので、棚の位置をよく考えてから取り付けること。

①.棚板に「棚キャップ」を取り付ける

棚板用の1×4材の両端に、説明書に沿ってLABRICO 1×4棚受の「棚キャップ」を取り付ける。一度、その状態で柱の間に置き、幅がきつい(または広い)場合は、柱の位置を調整する。

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:棚板に「棚キャップ」を取り付ける

幅がきつい(または広い)場合は、柱の位置を調整

②.棚を取り付ける場所を決める

棚を取り付けたい場所に、鉛筆などで線を引いて印をつける。もう一方の柱にも、同じ位置に印をつける(高さを間違えないよう注意!)。

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:棚を取り付ける場所を決める

水平になるように線を引く

③.下穴を開ける

②で印をつけた場所にLABRICO 1×4棚受の「アダプタ」を当て、ビス留めする場所に電動キリで下穴を開ける。もう一方の柱にも同様に下穴を開ける。

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:下穴を開ける

下穴を開ける場所は、アダプタの穴の中心あたり

④.アダプタをビスで留める

付属のビスを使って柱に「アダプタ」を取り付ける。もう一方の柱にも同様に「アダプタ」を取り付ける。

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:アダプタをビスで留める

下穴を開けた位置に、ドライバーでしっかりとビス留めする

⑤.棚板を設置する

①の棚板を「アダプタ」にしっかりとはめ込む。残りの棚も①〜④の手法で取り付ければ収納棚の完成!

ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:棚板を設置する

ロフトに便利な収納棚が設置できた!


ラブリコで作るロフト収納棚の制作工程:棚板を設置する

ロフトで使いたいものを置いてくつろぎのスペースに!

部屋の雰囲気に合わせて作ろう!

今回は素材そのままで作ったが、塗装したり、オイルステインを塗って仕上げてもOK。部屋の雰囲気に合わせて作ってみよう。

なお、今回使用したのは1×4材と1×4材用のラブリコだが、もう少し耐荷重を上げたい場合や、背の高い棚を作りたい場合は、2×4(ツーバイフォー)材と2×4用のラブリコを使って作ろう。

教えてくれたのは?

安川美樹さん
インテリアコーディネーター。DIY女子の先駆け的存在。建売戸建をDIY&セルフリノベーションしながら暮らしている。ブログではリメイクアイディアなどを随時発信している。
HP:http://chairsand.blog.jp

ロフト付きの賃貸物件はこちら!

文=プー・新井
写真=北原千恵美

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
リンクをコピー
関連記事関連記事