よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > エンタメ > 2019年も絶好調のJonas Blue、来日公演は大盛況!

2019年も絶好調のJonas Blue、来日公演は大盛況!

保護者向けCHINTAI合格応援オンラインセミナー

Jonas Blue(ジョナス・ブルー)の来日公演が2019年3月14日(木)新木場STUDIO COASTで開催。

ヒット曲満載、思いがけないサプライズも!

3月14日(木)に新木場STUDIO COASTで開催されたJonas Blue(ジョナス・ブルー)の来日公演の様子をレポート

昨年は来日のたびに大盛況、さらにはアルバム「Blue」も大好評! 日本でも大ブレイクしたジョナス・ブルーの来日公演が大阪、東京で開催。両公演とも2ヵ月前の時点でチケットは完売と、その人気の高さを改めて実証したわけだけど、当日もやっぱりサスガの盛り上がり。

ステージ上にはシングル“Polaroid”さながら、巨大なポラロイド写真の枠が設けられ、それにすっぽりハマる形でプレイするジョナス・ブルー。“By Your Side”を皮切りに自身の楽曲に加え、Tiësto(ティエスト)やZEDD(ゼッド)らのアンセムをプレイするなか、突如琴の音色が。これは、今回の日本公演のために準備していたという“SAKURA”だそうで、そこからの大ヒット曲“Rise”、しかもゲストボーカルとしてAaron Levi(アーロン・リヴァイ)も登場し会場内は大熱狂。

最新アルバム「Blue」も大好評、東京・大阪の両公演とも2ヵ月前の時点でチケットが完売するなど日本でも大きな人気を獲得しているJonas Blue(ジョナス・ブルー)

その後も、“We Could Go Back”や“I See Love”、“Perfect Strangers”といった自身の楽曲&Fisher(フィッシャー)やDJ SNAKE(DJスネイク)、Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)などのアンセムたっぷりで終止テンションは落ちることなく、終盤には公式アナウンスもされていないリリース前の新曲“What I Like About You”を披露するという思いがけないサプライズも。

ラストに再びAaron Levi(アーロン・リヴァイ)がゲストボーカルとして登場し大円団となったJonas Blue(ジョナス・ブルー)の来日公演

そして、ラストはアーロン・リヴァイが再び登場し、ジョナス・ブルーの出世作“Mama”で大円団。2019年も躍進が続きそうなジョナス・ブルー。すでに次の来日も決定していて、それは7月末開催の「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」。さらなる盛り上がり間違いなし!

Photo:Emil Walker

※この記事は、2020年9月まで音楽メディア「PARTY CHANNEL」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです
※掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger