公開日:
最終更新日:

【防災グッズ】100均だけで「非常用持ち出し袋」の中身をどこまで揃えられる?

リンクをコピー

100均で揃えられる防災グッズ!「非常用持ち出し袋」を準備する際のポイント

上記で紹介したとおり、非常用持ち出し袋の中身となる防災グッズの種類は多岐にわたる。パッキングする際には以下のポイントを押さえると、いざというときに持ち出しやすく使いやすい。

防災グッズはカテゴリー別に分けてパッキングする

防災グッズには非常食や救急用品、衛生用品やテープといった細かなものがたくさんある。このとき、目的別にジッパー付きの透明袋に入れておくことで、何がどこにあるのかすぐに探すことができる。この方法で防災グッズの水濡れも予防できるため、豪雨のときも安心して持ち運べるようなるだろう。

すぐに使うものを出しやすい位置に入れる

夜間では手元が見えなくなる。寒い時期には体を包むことができるシート、遠くの避難場所へ移動した際には飲料水などを出したいものだ。自分の避難ケースを予想してみて、すぐに使いそうな防災グッズは取り出しやすい位置に入れておこう。

中身は非常時に持ち出せる重さにとどめる

防災グッズを準備しているとき、あれもこれもとつい多くなりがちだが、非常時に持ち出せないほどの量となってしまうといざ避難するというときに走れなくなる。子どもや高齢者が家族にいる場合は、彼らのケアも行いつつ荷物を持ち出さなくてはならない。逃げ遅れて大変な目に遭わないためにも、非常用持ち出し袋は背負って走れるくらいの重さにしておこう。

非常用持ち出し袋を準備する女性
準備する際には3つのポイントを押さえよう

【検証結果まとめ】100円ショップで大半の防災グッズの中身は揃えられる!

【防災グッズ】100均だけで「非常用持ち出し袋」の中身をどこまで揃えられる? 非常用持ち出し袋
300円のリュックサックに全アイテムを収納した状態。問題なくファスナーは開け閉めできたが、もう少しゆとりが欲しいかも……
【防災グッズ】100均だけで「非常用持ち出し袋」の中身をどこまで揃えられる? 非常持ち出し品チェックリスト
100均で揃えられたグッズと揃えられなかったグッズを、非常持ち出し品チェックリストに基づいてチェック。
100円ショップで用意できない『携帯ラジオ』は×、機能的に防災向きではなかった『万能はさみ』『ロープ』は△、今回在庫切れだった『サバイバルブランケット』も△とした

常備薬・持病薬、現金(公衆電話を利用する際に必要な小銭)は別として、『非常用持ち出し袋』に最低限入れておきたい1次持ち出し品(30項目)全てを、100円ショップでそろえることはできなかった。ラジオ、万能はさみ、ロープなどは100均以外で買った方が良さそうだ。

ただし、大半のアイテムは問題なく入手でき、アイテムによっては選択肢も豊富。身近な存在の100円ショップで、これだけの防災グッズが揃えられるとわかれば、億劫がっていた人も少しハードルが低くなったのでは?

災害は忘れた頃にやってくる。リーズナブルな100均を上手に利用して、まずは「非常用持ち出し袋」に防災グッズを準備することから防災対策を始めよう。

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

文・写真=野中かおり
2021年6月加筆=CHINTAI情報局編集部

台風や大雨などの災害に備えて、こちらの記事もチェック!

全国の人気駅から賃貸物件を探す
仙台駅 名古屋駅 広島駅 旭川駅 函館駅 阿佐ケ谷駅 元住吉駅 苫小牧駅 松山駅 浜松駅

全国の人気沿線から賃貸物件を探す
鹿児島市 宮崎市 福島市 沖縄市 高松市 松本市 茨木市 福岡市中央区 熊本市中央区 大阪市西区

12
リンクをコピー
関連記事関連記事