よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 今日からできるハンドメイド。自分好みの花を使ったオリジナルピアスの作り方

今日からできるハンドメイド。自分好みの花を使ったオリジナルピアスの作り方

自分で作るオリジナルアクセサリーを楽しもう!

自分でアクセサリーなどを製作し販売することが簡単になった昨今。そんな中でも定番になりつつあるのがフラワーモチーフやドライフラワーなどを使ったデザインである。

インテリアとして飾るだけではなく、アクセサリーや小物にもドライフラワーを使ったものは多く、種類も多岐にわたる。

「アクセサリーを作ってみたいけど作り方はわからない!」なんて人のために、今回は前回紹介した、かすみ草のドライフラワーを使った“今日からできる”ピアス(イヤリング)の作り方をご紹介。

お家にあるもの+@でできる!ドライフラワーのピアスを作ってみよう

ピアスを作る材料

ピアスを作る材料道具

ピアスを作る材料道具はこちら。100均やホームセンターでそろえられる

・ピアスにしたい色の花(今回はかすみ草)
・ハサミ
・ピンセット
・細めの筆
・ピアス(イヤリング)のパーツ
・レジン
・レジンを広げるパレット(お皿やアルミカップでも代用可)
・接着剤(金属用などの強力なもの)
・UVライト(ジェルネイル用のコンパクトなものでもOK)

UVライトは通販などでも1,000円前後から購入できる。写真にあるような大きなものからペンタイプの小さいものまで様々なサイズがあるため自分にあったUVライトを選ぼう。

ピアスなどのパーツは100均でも購入可能。

今回は3色(白・ピンク・青)の花を使ってピアスを作る。

自分好みの色の花を作るなら色付けから挑戦!

ドライフラワーを作る材料

ドライフラワーの色付けに必要な道具はこちら

好みの色のドライフラワーは、印刷用のインクを使って簡単に作ることができるので、作ってみるのもおすすめ。

ここで注意しなければいけないことは顔料インクではなく「染料」インクを使うことだ。顔料インクでは粒子が粗く、花がインクを吸い上げてくれないため花に色がつかない。

白いお花を使うと、印刷用インクの色が綺麗に入ってくれる。もともと色のある花は先端だけ染まったり、不思議な色になったりと面白いため試してみるのも良いだろう。

▼詳しい作り方はこちら!
100均ではじめる”丁寧な暮らし”。簡単ドライフラワーの作り方講座

作り方① 好きな色味の花をちょっと長めに房からカット。指で茎をつまめるくらいの長さを確保しよう

ドライフラワーをカット

ドライフラワーをカットする

花束の中から、ピアスにしたい自分の好きな色味や大きさのかすみ草をカット。少し長めに切っておくと固める時に楽になる。

カットしたドライフラワー

カットしたドライフラワー ※茎を指でつまめるくらい残しておこう

色付けしている状態の花束からカットするのがおすすめ。すでにドライフラワーになったものを使う場合は、乾燥させすぎないように注意。

※あまり乾燥させすぎたものは、花が閉じてしまうので花の1つ1つが小さくなってしまいピアスにしにくいため

作り方② 花をピンセットで挟み、溶かしたレジンを茎の方から塗る

レジンを塗る

先に裏面にレジンを塗る

レジンは温度が低いと固まってしまうので、湯煎などで柔らかくしてからパレットに広げる。茎の方から塗ると、花がへたらずに土台の役割をしてくれる上、ピンセットなどで持つのが簡単になる。

レジンを塗る

次は表面にレジンを塗る

筆先にレジンを少しずつ取り花弁から茎まで丁寧に塗る。ベタ塗りではなく、ちょんちょんと筆先でレジンをつけていくイメージで塗っていこう。

作り方③ 一通り塗り終わったら1度硬化させる

UVライト

UVライトで固める ※乾いていないレジンは機械につけないように

全体に塗れたら1度硬化させる。レジンは、薄く塗って重ね塗り→硬化を繰り返すことで、ダマになったり白くなってしまったりしない。

時間に余裕があれば裏側を塗った時点で1度硬化させ、さらに花びらに塗って硬化と繰り返すと綺麗に仕上がりやすい。

手で触れてみて、べたつくようなら何もつけたりせずにもう一度UVライトに当てよう。

作り方④ 作り方の②と③を2回〜3回繰り返し、固める

固めたドライフラワー

固めたドライフラワー

全ての花を同じ工程で固めていく。3つともしっかり固まったことがわかってから茎を切る。

頑丈にしようと、何度もこの工程を行うと花がレジンに埋もれて白くなってしまい、色が綺麗に見えなくなる可能性があるので注意。

作り方⑤ 固めた花同士をレジンで合わせ、硬化させる。

固めたドライフラワーを合わせる

固めたドライフラワーを合わせる

UVライトで固める

再度UVライトで固める

固めた花びらの裏側をあわせレジンを塗り1つの花を固めるのと同じように硬化させる。塗りすぎてしまうとピアスのパーツがつけにくくなってしまうので、つけすぎはNG。同じく2〜3回に留める。

作り方⑥ピアスのパーツを接着剤でつける

ピアスのパーツをつける

金具に接着剤をつける

ピアスのパーツをつける

花とピアスのパーツをつける

花同士を固めたら、ピアスのパーツを接着剤でつける。3つの花の裏側をピアスの土台につけ、上から軽く押さえる。あまり力を入れすぎると、花びら部分が潰れてしまうので力加減に要注意。

作り方⑦ 1日置いて完全に接着剤が固まったら完成

完成したピアス

ピアスの穴がない人はイヤリングの金具を取り付けてもOK!

完成したピアス

固めてから1日ほど置くと接着剤が定着しやすくなる

強度が高くなるように、1日置くのがおすすめ。接着剤によっては強度を高めるために1日から1日半置くように記載があるので注意。

ピアス着画

完成したピアスはこんな感じ

1日置いて完全に乾いたら完成。

合わせる色や花の種類によってデザインの可能性は無限なので、自分用だけでなく親しい友人や身内などに作ってあげるのもおすすめ。

不器用な人でもできるピアス作りでハンドメイド生活をはじめよう!

ドライフラワーのピアス

キレイに包装すると売り物みたいに!

ピアスの台紙は、通販でも販売されているし、気に入ったものがなければ厚紙などで作ったり台紙までデザインすると良い。

ドライフラワーは、インテリアとして飾って置くだけでなくアクセサリーにも簡単に活用できる。元の花の綺麗さを保ったまま、アクセサリーにできるのも魅力的。

他にもアレンジを加えて、自分だけのオリジナルのピアスを作ってみよう。

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

監修=小抜 涼太
文=mayan
写真=編集部

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger