よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > グルメ > 【節約レシピ】材料費ゼロで楽しめる「たんぽぽコーヒー」を自家焙煎して飲んでみた

【節約レシピ】材料費ゼロで楽しめる「たんぽぽコーヒー」を自家焙煎して飲んでみた

噂のノンカフェイン飲料“たんぽぽコーヒー”は自分で簡単に作れる!

タンポポ

たんぽぽでコーヒーやスイーツが楽しめるって知ってた?

えほロス問題で大騒ぎした節分が過ぎ、暦の上では春になったけど……まだまだガッツリ冬モード。あったか〜いドリンクで心も体も温まりたい!

そんなアナタにおすすめしたいのが「たんぽぽコーヒー」。私たちにもっとも身近な草花といっても過言ではないたんぽぽを使って、材料費ゼロでコーヒーを楽しんでみよう。

でも、あのたんぽぽが、どうしたらコーヒーになるわけ!?

早々に答えを言ってしまうけど、コーヒーに使うのはたんぽぽの“根っこ”。根っこを乾燥させ、焙煎し、ドリップすると、コーヒーみたいな香ばしい飲み物になるというわけ。コーヒー豆を使っていないので“ハーブコーヒー”、“代用コーヒー”などと呼ばれ、カフェインの健康リスクを気にする人たちに重用されている。

ちなみに、たんぽぽがアスファルトの割れ目でも生き延びられるのは、根っこが驚くほどタフだから。その根っこの成分を抽出して飲もうだなんて……最初に考えついた人、センスありすぎ!

庭の片隅に咲いていたら超ラッキー、綿毛を摘んできて自分で栽培すれば安心安全。たんぽぽさえ入手できれば、誰でも簡単に作れるたんぽぽコーヒー。

今回は基本の作り方とアレンジメニューを紹介しよう。

完全オーガニック! カラダにやさしい「たんぽぽコーヒー」の作り方

① たんぽぽを見つける

公園や河川敷のたんぽぽは除草剤がかかっている可能性が高いのでNG。狙い目は畑の隅っこ。無農薬で家庭菜園をやっている知り合いなどにあたってみよう。

タンポポの葉っぱ

花を咲かせる直前の根っこが最も栄養を蓄えているらしいので、2月は絶好の収穫シーズン!

② 根っこごと掘り出す

たんぽぽの根っこは地中に真っ直ぐ伸びている。途中で折れると見失う可能性大なので慎重に掘り進めよう。

タンポポを収穫

ひげ根も使えるので大事に掘り起こそう

③ 葉茎と根っこを切り離す

両手で持ってポキっと折れるところが茎と根っこの境い目。葉っぱもお浸しや炒め物で食べられるので捨てないで!

たんぽぽの根

このくらいの量でコーヒー約15杯分になる

④ 水洗いして土を落とす

いらない歯ブラシなどを使って、根っこの間に入った土をていねいにかき出す。

たんぽぽをキレイにする

あまり強くゴシゴシすると細い根がなくなってしまうので注意

⑤ 天日で乾燥させる

洗った根っこをザルや新聞紙などに広げて、日当たりのいい場所でカラカラになるまで乾かす。

たんぽぽを乾かす

カラカラの晴天続きなら1週間程度で干し上がる

⑥ 細かく粉砕する

すり鉢やミルサーで細かくする。生乾きだとペースト状になってしまうので、心配なら粉砕する前にも乾煎りすると◎。

すり鉢

すり鉢は100円ショップでも入手できる

⑦ 焙煎する

フライパンで乾煎りする。ヘラや菜箸でこまめにかき混ぜながら、焦げつかない程度までローストしたら火を止める。

たんぽぽの粉を焙煎する

じっくり焙煎させたいなら、傷んでも惜しくない古いフライパンを使おう

⑧ たんぽぽコーヒーの粉が完成

粗熱が取れるまで冷ましてから、密閉できる容器に移し替える。

完成したたんぽぽコーヒー

風味が落ちる前に使い切ろう

⑨ ドリップする

コーヒーカップにフィルターをセットしたドリッパーを乗せ、ティースプーン1杯のたんぽぽコーヒーを入れ、沸騰した湯を注ぐ。

たんぽぽコーヒーを淹れる

粉全体を湿らせるイメージで静かにお湯を回しかけよう

⑩ たんぽぽコーヒーのできあがり!

香ばしい香りと濃褐色はコーヒーそのもの! 素朴な苦味の中に、ほんのりキャラメルのような甘さも感じる。

そのままで十分おいしいが、甘みを足したいなら上白糖よりきび砂糖が合うと感じた。豆乳を加えてカフェオレ風に楽しむのもアリ。

たんぽぽコーヒーとクッキー

自ら採取し、乾燥、焙煎まで手がけた1杯は格別!

お手軽アレンジ! たんぽぽコーヒーでスイーツを楽しもう

たんぽぽは古くからヨーロッパでは万能ハーブとして、中国では漢方に、日本でも民間薬として用いられてきたとのこと。その効果として、血行促進、利尿作用、疲労回復などが期待できるらしい。

また、その繁殖力から在来の〝日本たんぽぽ〟を凌駕しつつある〝西洋たんぽぽ〟も、明治時代に食用として輸入されたものだったとか。

つまり、元々たんぽぽは食べてOKな植物だということ。ならばたんぽぽコーヒーの粉もコーヒー以外のレシピで楽しんでみようじゃないか!

たんぽぽコーヒーの寒天ゼリーレシピ

材料

・たんぽぽコーヒーの粉=大さじ1
・水=250ml
・粉寒天=2g
※お好みで砂糖(きび砂糖)、生クリーム

作り方

①. 鍋に水と〝たんぽぽコーヒー〟の粉を入れ、強火にかける

②. 200mlくらいになるまで煮詰める(濃いめのコーヒーを作るイメージで)

③. マグカップなどの容器にコーヒーフィルターをセットして②を注ぎ、抽出カスを漉す

④. ❶の鍋に❸を戻して中火にし、沸騰したら粉寒天を少しずつ振り入れて完全に溶かす(砂糖を入れる場合は寒天が溶けきったタイミングで)

⑤. 平らな容器に流し入れ、常温のまま固める(冷やしたい場合は冷蔵庫に入れてもOK)

⑥. 固まったらスプーンなどで崩して器に盛り付ける

タンポポコーヒーゼリー

ほろっと崩れる食感と〝たんぽぽコーヒー〟のやさしい苦味が絶妙! 低カロリーな寒天を使うことで罪悪感少なめのスイーツに

たんぽぽコーヒーのチョコレート

材料

・板チョコ=1枚
・たんぽぽコーヒーの抽出かす(新鮮なもの)=大さじ1
・クッキータルト(中)=2個
・たんぽぽコーヒーの粉=少量

作り方

①. 板チョコを包丁で刻み、湯煎で溶かす

②. チョコの温度が45~50℃になったら湯煎から外し、〝たんぽぽコーヒー〟の抽出かすを混ぜ合わせる

③. クッキータルトに❷を流し入れ、固まる前に〝たんぽぽコーヒー〟の粉をふりかける

④. 冷蔵庫で冷やし固める

タンポポコーヒーのチョコレート

粉ごと食べられる〝たんぽぽコーヒー〟の利点を生かしたリメイクレシピ。抽出かすが生チョコのようなしっとり感をもたらしてくれる

この世界に雑草はあらず!

たんぽぽをコーヒーやスイーツで味わってみて分かったのは「たんぽぽは決して雑草ではない」ということ。こんなに滋味深く、おいしいものだとは知らなかった。

もしかしたら、他の道草たちも食べたらおいしいのか!? つまり、この世界に雑草など一つもないってこと?

理科の実験ノリで軽々しくトライしたのに、最後は思いっきりピースフルな気分になってしまった。これもたんぽぽの効能だったら……たんぽぽ、恐るべし!

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

文・写真・レシピ=野中かおり

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger