よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お金・節約 > 床暖房のある部屋に住みたい!でも、電気代ってどのくらい?

床暖房のある部屋に住みたい!でも、電気代ってどのくらい?

憧れの床暖房!でも電気代が気になる人が多い?!

室内が乾燥しにくい、ホコリが舞いにくい、やけどの心配が少ない など、メリットが多い床暖房。引越しに際して、床暖房がある物件を条件に入れている方も多いのではないだろうか。

しかし、やはり不安なのがコスト面。冬場は毎日使うものだからこそ、電気代は気になるところだ。ここでは、床暖房の種類と電気代について詳しく見ていこう。

床暖房の電気代はどれくらい?

メリットたくさん、快適な床暖房。電気代はどれくらい?

快適な居住空間を実現できる! 床暖房のメリットとは?

まずは床暖房の優れている点について見てみよう。

床暖房のメリット①温風を出さない

エアコンやファンヒーターの温風だと、冬場の空気を一層乾燥させてしまう。しかし床面から全体を暖める床暖房ではその心配がなく、風でハウスダストを舞い上げてしまうこともない。

温風を出すヒーターはどうしても床のハウスダストを舞い上げてしまう

温風を出すヒーターはどうしても床のハウスダストを舞い上げてしまう

床暖房のメリット②燃焼させない

温水やヒーターで床面から室内を暖める床暖房。灯油などを燃焼させないので、やけどの心配が少ない。子どもやペットのいる家庭でも比較的安全に使用することができる。

また、灯油ストーブと比較して気になるニオイがなく、空気を汚さずに使用できる。

動き回る子どもやペットがいる家庭でもやけどの危険性が少ない

動き回る子どもやペットがいる家庭でもやけどの危険性が少ない

床暖房のメリット③場所を取らない

床そのものが暖房器具なので、季節に応じて出し入れの必要がないのも床暖房のメリットだ。スペースが限られた物件でも、設置場所や収納場所に困ることもない上、フィルター掃除などの手間もない。


床暖房にはメリットがある反面、デメリットも……

こうして見てみると床暖房にはメリットずくめのようにも思えるが、もちろんデメリットがないわけではない。以下で、よく耳にする床暖房の不満な点を挙げてみる。

床暖房のデメリット①すぐに暖まらない

床暖房は、暖まった床からの伝導熱と輻射(ふくしゃ)熱で室温を上げるという仕組みを取っている。一方、エアコンやガスファンヒーターは温風を出し、空気を対流させ直接的に空間を温める仕組みだ。空間を間接的に温める床暖房は、どうしてもエアコン等の暖房器具と比べると空気を暖めるのが遅くなってしまう

床暖房のデメリット②電気代・ガス代が高い

上記のとおり、床暖房は床面から間接的に部屋全体を暖める。このため、必要となるエネルギーが大きく、暖まるまで一定時間、電源を入れ続ける必要がある。したがって、電気代やガス代が高くなりやすい。

特にランニングコストが高いという不満はよく聞かれる。ただ、床暖房のタイプによってはコストの程度は異なる。そこで、次で床暖房の種類を見ていこう。

加熱方式によって異なる床暖房のランニングコスト

一口に床暖房といっても、その種類はさまざま。主に、加熱方法によって以下の5タイプに大別できる。

賃貸物件においては、WEBサイトなどの情報では単に「床暖房」としか書かれていない場合がほとんど。床暖房付き物件への入居を検討していてる場合は、事前に不動産会社の担当者に確認してみるとよい。事前におおよそのランニングコストを予測できるだろう。

床暖房の電気代はタイプによって異なる

床暖房の電気代はタイプによって異なる

床暖房の種類①ガス温水式

ガス給湯器で加熱した温水を、床下のパイプに送り加熱する方法。熱ムラなく暖めることができ、一般的に電気タイプよりも立ち上がりが早いと言われている。

沸かしたお湯を保温するのでランニングコストは低いのが特徴。一方、導入コストは高いと言われている。

床暖房の種類②ヒートポンプ温水式

電気と大気の熱で温水を加熱する方法。ガスを使わないのでオール電化住宅でも使用できる。

コストに関しては、大気熱で電気代をある程度抑えることができるが、ガス温水式と同じく電熱線ヒーター式床暖房よりも導入コストは割高となる。

床暖房の種類③電熱線ヒーター式

設置費用が安くメンテナンスも簡単なため、賃貸物件によく導入されている床暖房。小規模での設置も容易だが、熱ムラが起きやすい。シンプルな構造のため、他の方式より電気代は高め。

床暖房の種類④PTCヒーター式

温度センサーが入っており、均一に床面を暖めることができる。窓が偏った場所にあるなど、床面の温度に偏りがある部屋に有効。

ただ、熱ムラが起きやすく、部屋全体を暖めるまで時間がかかる。

床暖房の種類⑤蓄熱式

電気代の安い深夜に熱をためて使う方法。電気代を抑えられる代わりに、細かい温度設定ができない。また、機材の関係で基本的に新築での導入に限られる。

床暖房の電気代は一体いくら?エアコンと比較してみよう!

続いては、賃貸物件で一般的に導入されている「ヒーター式」の床暖房を例に、電気代を見ていこう。

今回は定格消費電力を元に、1日5時間使用した場合の1ヵ月のランニングコストを算出した。電気代は平均料金とされる27円/kWhで計算する。

10畳用エアコン
(2018年製)
2,795円
(0.69kW×27円×5時間×30日)
10畳用床暖房
(現行PTCヒーター式)
7,290円
(1.8kW×27円×5時間×30日)
10畳用オイルヒーター 6,075円
(1.5kW×27円×5時間×30日)
こたつ
(150×80×41cm)
2,430円
(0.6kW×27円×5時間×30日)
10畳用エアコン
(2018年製)
2,795円
(0.69kW×27円×5時間×30日)
10畳用床暖房
(現行PTCヒーター式)
7,290円
(1.8kW×27円×5時間×30日)
10畳用オイルヒーター 6,075円
(1.5kW×27円×5時間×30日)
こたつ
(150×80×41cm)
2,430円
(0.6kW×27円×5時間×30日)



まずは分かりやすいように、エアコンの電気代と比較する。単純に比較すれば、床暖房の電気代はエアコンの3倍近くということになる。

また、オイルヒーター等、その他の暖房器具と比べてもやはり床暖房の電気代は割高という結果になった。ただし、暖房器具それぞれに向き不向きがあるので、単純な比較は難しいだろう。

少し電気代が高くても、床暖房付きの物件が選ばれる理由

単純な比較では割高な床暖房だが、冒頭で紹介したとおり、他の暖房器具にはない床暖房ならではのメリットは多い。だからこそ、床暖房は人気が高いのだろう。

また言い換えれば、床暖房とそれ以外の暖房器具を適材適所で使い分けることで、より効率良く部屋を暖めることが可能だ。たとえば、床暖房が暖まるまではエアコンを使用し、部屋が温まったら床暖房のみに切り替える、といった使い方もできる。上記の電気代を目安に、色々と試してみるのもよいだろう。

複数の暖房器具を組み合わせて使おう

複数の暖房器具を組み合わせて使おう


床暖房付きの物件も全力リサーチ!物件探しを専門スタッフがオンラインでサポート!

床暖房には、安全性や快適さなど、他の暖房器具にはないメリットがたくさん。他の暖房器具と一緒に使えば、コストを抑えながら床暖房のデメリットをカバーすることもできるはずだ。

人気の床暖房付き物件だからこそ、住みたい!と思っても、なかなか物件が見つからないかもしれない。そんな時は「CHINTAIエージェント」を活用してみよう。

CHINTAIエージェントでは、LINEで質問に答えるだけで、スタッフがあなたにぴったりな物件を探してくれる。

登録して待つだけで部屋を探してもらえるCHINTAIエージェント

お部屋探しの相談だってOK。利用は無料なので、快適な床暖房生活のためにも、ぜひ活用してほしい。

自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!


▼「CHINTAIエージェント」ってどんなサービス?詳しく知りたい方はこちらをチェック!
マンガでわかる!いい部屋が手軽に見つかる裏ワザ。お部屋探し代行WEBサービス活用のススメ

CHINTAIエージェント

文=坂根 迅(株式会社YOSCA)

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger