よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お金・節約 > 【食費節約術】牛乳パックで簡単パクチー栽培にチャレンジしてみた!

【食費節約術】牛乳パックで簡単パクチー栽培にチャレンジしてみた!

牛乳パックを使って〝簡単&オトク〟にパクチーを作ってみよう

パクチー春巻き

お金をかけなくても食卓は華やかにできる!

学生や若者の一人暮らしにおいて〝いかに食費を節約するか〟は大きな課題だ。食費を抑えるには自炊が一番と分かっていても、スーパーで売られている食材は一人暮らしには量が多すぎる。なかでも野菜は肉と比べて保存にコツがいるため、使い切れずにしおらせて、泣く泣く捨てることも少なくない。

新鮮な野菜を必要な分だけおトクに入手できたら……。ということで、今回は牛乳パックを使って、超簡単&高コスパな野菜栽培にチャレンジしてみた。うまくいけば食費のムダを抑えることができるかも!?

材料費200円でパクチーを育ててみよう

パクチー栽培の道具

土と種さえ調達すればOK! 特別な道具は必要ない

栽培に必要なのは、牛乳パックと培養土と種。培養土と種は100円ショップでも入手できるので、材料費はたったの200円。そのほか、牛乳パックを加工する際に使うカッターなども用意しよう。

栽培できる野菜は、収穫サイズが牛乳パックの容量を超えないものが原則。「どうせなら市価が高めの野菜にトライして、おトク感を満喫してみたい」という浮ついた気持ちから、〝パクチー〟を栽培することにした。

なお、パクチーの種は堅い殻で覆われている。すりこぎや麺棒で軽く押しつぶして殻を割り、半日ほど水に浸しておくと発芽率がアップするので、種まき前日に準備しておこう。

パクチーの種

殻が割れる際に広がるスパイシーな香りも楽しんで!

耐水性がある牛乳パックは植物を育てる容器として最適。そして、コンパクトだから一人暮らしの小さな部屋でも邪魔にならない。立てたまま使えばミニ人参やミニごぼうなどの根菜を育てることができ、横に寝かせて使えばプランターのように使える。パクチーなどの葉菜はプランター型で栽培したほうがたくさん収穫できる。

さて、牛乳パックをプランターに仕立てるには「開口部」と「水抜き穴」を作る必要がある。今回は、園芸家・深町貴子さんのアイデアを参考にしてみた。

自宅で簡単!パクチーの栽培方法

①. 注ぎ口をホチキスでふさぐ

パクチーの栽培方法:空の牛乳パックの注ぎ口をホチキスでふさぐ

土や水が流れ出ないように閉じておこう

②. 側面の一つをくりぬいて開口部を作る

パクチーの栽培方法:牛乳パックをきる

1センチくらいフチを残したほうが強度が出る

③. 開口部を上にした状態で、左右の側面に水抜き穴を開ける

パクチーの栽培方法:牛乳パックに穴を開ける

排水と保水のバランスを考えて、底辺から1センチくらい離れた位置に穴を開けよう

④. 開口部から土を入れ、水抜き穴から流れ出るまで水をたっぷりかけた後、パクチーの種をまく

パクチーの栽培方法:パクチーの種をまく

パクチーは光を好むので土は被せなくてOK。多めにばらまいて密生させたほうが育ちが良くなる

⑤. トレーなどにのせて、明るい窓辺に置く

パクチーの栽培方法:日が当たる場所に植えたパクチーを並べる

芽が出るまでは時々チェックして、土の表面が軽く湿った状態をキープしよう

種が入っていたパッケージに書かれていた情報によると、パクチーの発芽温度は20℃くらいで、寒さに弱く、発芽までは8~14日かかるらしい。室内とはいえ、真冬にパクチー栽培は無謀だったか!? 夜間はビニール袋を被せることにした。

種まき10日目にパクチーの芽が出そろう

パクチーと他の野菜

寒さを乗り越えて無事に芽を出してくれた!

実は、パクチーが失敗した時のことを考えて、ブロッコリースプラウト、豆苗、ミックスレタスも一緒に栽培を始めていた。これらは種まき3日目から発芽し始めて、6日目にはほぼ芽が出そろった。

一方、パクチーは種まき5日目までほとんど変化なし。6日目にところどころ芽のようなものが現れ、少しだけ気温の上がった7日目に種が全体的にふっくらし始めた。そして10日目、いっせいに発芽! パッケージに記載されていたとおりの日数だった。暖かい室内であれば、真冬でもパクチーを栽培できるようだ。

そして14日目、つまり種まきから2週間後には双葉も出そろい、3~4センチほどに伸長。一丁前にパクチー独特の香りも放ち始めた。ここまできたら、ひと安心か!?

パクチーの芽

双葉が出そろった14日目の状態。ミックスレタス(左) や豆苗(右)に比べると成長はゆるやかだった

双葉が出そろってから4日経った、種まき18日目。寒さのせいなのか、ほとんど変化なく、長さは3~4センチのまま。まだ本葉も出ていない、ベビーリーフの状態だ。

しかし、だいぶ密生し始めたので間引きも兼ねて、半分だけ収穫することに。キッチンばさみを使って、株間がバランスよく空くように刈り取った。見た目はカイワレダイコンみたいだが、香りはパクチーそのもの! 摘みたてだからなのか、若い芽だからなのか、市販のパクチーに比べて香りも強く感じた。

パクチー栽培

本葉が出る前のベビーリーフを贅沢にも収穫!

冷蔵庫の余り食材と合わせて生春巻を作ってみた

パクチー春巻き

自分で育てた野菜の味は格別!

収穫後はさっそく調理! 摘みたてパクチーの風味を存分に楽しみたいので、生春巻を作ることにした。パクチーに合わせる具材も、冷蔵庫に入っていた余り物を使い、徹底して低コストにこだわってみた。

ちなみに、パクチーはビタミンB、ビタミンC、ベータカロテン、カルシウム、鉄分、カリウムなどを豊富に含んでいる。ビタミンBとビタミンCは加熱に弱いので、栄養的にも生で食べたほうが断然おトク!

生春巻の材料(1人分)

・ライスペーパー 2枚
・シーフードミックス(冷凍) 適量
・ニンジン 適量
・パクチー 適量

生春巻の作り方

1. シーフードミックスは濃いめの塩水に1時間ほど浸けて解凍しておく

2. ニンジンは千切りにする

3. ライスペーパーはぬるま湯にサッとくぐらせ、まな板の上に置く

4. 3の中央手前に具材を重ねて置き、手前からライスペーパーをきつめにひと巻きする。続いてライスペーパーの両側を折りたたみ、クルッと巻き上げる

5. 食べやすいサイズに切り分けて完成!

【検証結果】まめに管理すれば牛乳パック栽培は結構コスパ良し

後日、刈り取らずに残しておいたパクチーは、無事に本葉をつけてグングンと成長し、店頭で目にするフォルムになったので、2度目の収穫を楽しんだ。その際に茎を3節ほど残しておいたら、かわいい脇芽も出てきたので、それらが伸長した頃に3度目の収穫でおいしくいただいた。

しかし、その後、ほったらかしにしていたら花が咲き、株が弱ってしまった。まめに花芽を摘み取っていたら、4度目、5度目の収穫もできたのか!? もしくは、しっかり花を育てて種を収穫しておけば、また春に栽培を楽しめたか!? ただ、3度目の収穫時には土も痩せてきていたので追肥が必要だったかも知れない。

何はともあれ、材料費200円で3度も収穫できたのは高コスパだったのではないか。ちょっとしたグリーンインテリアとして、部屋に安らぎを与えてくれた気もする。(写真を撮り忘れたが、パクチーの花は白くてかわいい!)もし興味が湧いたなら、軽い気持ちでお試しあれ!

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

写真・文=野中かおり

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger