よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 切れなくなったら買い替えが必要? キッチングッズの寿命~包丁編~

切れなくなったら買い替えが必要? キッチングッズの寿命~包丁編~

包丁に寿命はあるの?切れ味が悪くなってきたなと感じたらどうすればいい?

包丁でトマトを切る

毎日使う包丁。実は寿命を迎えている!?

キッチングッズの中で欠かせない包丁。包丁は使い続けると切れ味が落ちてくる。切れ味が悪くなる原因は、包丁の質よりも使用頻度である。

包丁全体の劣化の様子によっては寿命と考えて買い替えが必要なケースもある。しかし、切れ味の衰えの場合はメンテナンスで復活する事がある。また包丁は、素材に応じてメンテナンス方法も変わってくる。

今回は、「ステンレスの包丁」と「鋼の包丁」それぞれの特徴と、切れ味が落ちたときのメンテナンス方法紹介する。

【ステンレスの包丁】「切れなくなる」=「包丁の寿命」ではない

包丁を虫眼鏡で見る

包丁は素材によってメンテナンス方法が変わるのだ

包丁は、素材によってメンテナンスが変わってくる。家庭で使われる事の多い「ステンレス」の包丁は、切れ味に関する耐久性が高く、切れ味がかなり持続する。

こまめに研がなくても十分に切れる事が多いので「切れ味が悪くなった」「肉や魚が切れなくなった」と感じる頃には、かなり刃が摩耗している段階になっている事がほとんどだ。

切れ味が鈍ったと判断する目安は、鶏肉の皮やネギの薄皮がすっきり切れなくなった時だ。繊維が強いものなどを切る時にひっかかりが出た場合、メンテナンスが必要と考えよう。

家庭用の包丁シャープナーでもある程度切れ味は復活するが、ステンレスは摩耗しにくい代わりに研ぐのも大変なので、プロの研ぎ師に刃付けを依頼するのがおすすめ。研ぎは刃物店で受け付けている事もあるし、宅配などで研ぎを受け付けている研ぎ師もいる。

【鋼の包丁】サビやすいが、メンテナンスもしやすい!

包丁で刺身をきる

プロ仕様はそれなりのメンテナンスが必要だ

プロの料理人が使う事の多い「鋼」の包丁は、基本的にメンテナンスしないとすぐにサビが出やすい。ただし、研ぎ直しがしやすく、自分でのメンテナンスも可能だ。

鋼の包丁の場合、部分的なリカバリーを行う簡易シャープナーより包丁全体を研げる砥石でのメンテナンスをするのがおすすめ。

「研ぐ」というのは包丁の刃を削る事でもあるので摩耗しやすい鋼の包丁は次第に刃が小さくなる。定期的に研ぐと刃が元のシルエットから変化してしまい、出刃包丁がペティナイフのようになってしまう事もあるが切れ味が持続する限りは問題なく使う事ができる。

包丁の寿命とは?刃がダメになるより「柄のダメージ」が買い替えのサイン

包丁の刃の材質がステンレスであれ鋼であれ、研ぐ事で切れ味は復活するのがほとんどで、刃こぼれも相当ひどい物でなければプロのメンテナンスでリカバリーできる。

それに対して、包丁が使用できるかどうかに大きく関わってくるのが「柄の状態」。

切れ味が鈍った包丁もケガの原因となるので使用を避けたいが、それ以上に危険なのが柄のぐらつきだ。もし包丁を使っていて刀身と柄の間にぐらつきが出た場合、直ちに使用を中止する事。柄から折れると重大な事故も起こり得る。

鋼の物が多い和包丁の場合、柄が傷んでも交換は可能だ。ただし古い柄を割ったり柄の中の部分のサビを落としたりするなどの作業が伴うので自分で行うのが難しいようならやはり研ぎ師に依頼すると良いだろう。

逆に洋包丁の場合、柄が緩んでしまった場合は基本的に買い替え時だ。交換自体は可能だが修理代のコストが比較的高いので包丁その物の質や価格などを考慮して判断しよう。

包丁の買い替えの頻度は4〜5年から数十年と人によって様々

まな板と包丁とタオル

結局、包丁の寿命っていつなんだろう

包丁を買い替えするかどうか、寿命の判断は人によって異なる。プロの場合、研ぎの頻度が高いために一年経たない間に刃が小さくすり減ってしまい買い替えの必要が出てくる。

家庭では、そこまで使い込もうとすると数十年単位の時間がかかるので、摩耗が原因での使用限度が来て買い替えというパターンはあまりないかもしれない。

同じ包丁を使う人でも、求める使用感などから鋼の包丁を刃が小さくなるまで使う人もいれば、シルエットが変わってきた頃合いで買い替えする人もいるため、一概に「この包丁は◯年程度で買い換えるのが目安」とは言い難い。

質の良い、比較的高額な包丁であれば、価格に比例して耐久性が高いのがほとんどなので定期的なメンテナンスで長く使う事をおすすめできるが、安価な物であればプロのメンテナンスがあればまだ使えるとしても研ぎ代のコストを考えると買い替えた方が安いケースも多々ある。

手入れの頻度で包丁の寿命は大きく変わってくる。手入れに時間やコストがかけられない場合は、割り切って切れ味の劣化を目安に定期的に買い替えた方が安全だ。

包丁の切れ味を維持して寿命を延ばすには?

包丁を研ぐ

こまめに研ぐことも長持ちの秘訣

包丁を長持ちさせたいなら水に浸ける事は避け、使ったらすぐに洗って水気を切って乾燥させるのがポイント!水分はサビの原因は元より、柄の部分の劣化の原因にもなる。

理想を言えば毎日研ぐのが最上だが、定期的に砥石で研ぐようにすれば長く使う事ができる。簡易シャープナーは、一時的に切れ味を復活させる事はできるが刃を整える事はできない。自分で研げない時は、できれば年一回程度研ぎ師に手入れをしてもらうのが理想と言える。

包丁の寿命はよほどの事がなければ「使いにくい」と感じた時にどうするか、使う人の考えで決まってくる。気に入っている包丁であればメンテナンスをどうするかを考えながら使うようにしたい。

文=平野さゆり
webライター。田舎で野菜を育てながら、暮らしに密着した記事を中心に執筆活動している

一人暮らし向け賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger
お部屋探しガイドブック