よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 賃貸の基礎知識 > 賃貸契約で必ず行われる入居審査って何? 部屋探しの難関を突破するための4つのポイント

賃貸契約で必ず行われる入居審査って何? 部屋探しの難関を突破するための4つのポイント

賃貸契約を結ぶ前に必要な「入居審査」のイロハ

部屋探しを行うなかで、住みたい物件が見つかったら、不動産会社で入居のための申込手続きを行うことになる。

ただし、この「入居申込」手続きだけでは、賃貸契約はまだ成立しないのをご存じだろうか?

賃貸契約では、貸す側と借りる側、双方の同意がなされることが成立の条件となっている。借りる側が「住みたい!」というだけでは契約を結ぶことはできず、「入居審査」を通過しなければ、賃貸契約を結ぶことができないのだ。

今回はこの入居審査について、チェックされる内容や審査に要する期間、審査に通りやすくするためのポイントについて説明をしていく。

入居審査が引越し手続きの最大のヤマ場!?

入居審査が引越し手続きの最大のヤマ場!?

賃貸物件を借りるために必要な入居審査とは?

賃貸物件は、その所有者である大家さんや管理会社の資産である。貸す側の立場から考えると、条件なしで誰にでも貸せるものではない。

もし入居後に家賃の支払いが滞れば、大家さんに多大な迷惑が掛かる。また、トラブルを起こすような人が入居すれば、他の入居者が物件を出て行ってしまい、空き部屋が増えるということにもなりかねない。

このため、入居希望者がその物件に住むにふさわしい人物かを判断するための審査が設けられている。これが入居審査なのだ。

入居審査の判断材料は書類だけでなく、不動産会社へ来店したときの言動や人となりも判断基準となることがある。入居審査は大家さんが自ら行うことが多いが、仲介する不動産業者が「この人には貸せない」と判断した場合には、入居審査を待たずして断られるケースもみられるようだ。


入居審査には基準があるの?

入居審査の基準は、全国で統一されているというようなことはなく、大家さんの中に「家賃を滞りなく支払ってくれさえすればよい」という考えの人もいる。

大家さんの考えや不動産会社の方針によって基準はまちまちだが、多くの大家さんや不動産会社が判断基準にしている「入居審査でのチェックポイント」があるので紹介していく。

不動産会社の担当者とは、短期間だが深い付き合いになる

不動産会社の担当者とは、短期間だが深い付き合いになる

入居審査のチェックポイントは、次の3つで、このうち一つでも引っかかってしまうと、入居審査に通るのは難しいと言われている。

入居審査でのチェックポイント①:家賃の支払い能力

一般的に、入居審査時にもっとも重要視されるのが収入金額。家賃をきちんと継続して支払う能力があるか、年収に見合った家賃の物件を選んでいるかがチェックされる。

また、収入が安定しているかどうかを判断する上で職業や勤務先の確認があるほか、過去の滞納歴などもチェックされることとなる。

入居審査でのチェックポイント②:連帯保証人

連帯保証人に関しては、身内に頼むことができれば、ほとんどの場合は問題がないようだ。

また、連帯保証人を頼める人が見つからない場合にも、保証人不要の物件や、保証会社を利用できる物件もある。

入居審査でのチェックポイント③:人物像

物件を探しているときに服装や言葉遣いなど全く気にしない人も多いだろう。しかし、物件を探しに不動産会社を訪問した時点で、既に入居審査は始まっている

不動産会社は、来店した人が物件の入居者としてふさわしいかどうか、大家さんに安心して紹介できる人物かどうかを、服装や態度、言葉遣いといった点からチェックしているのだ。

入居審査完了までににかかる期間にはバラツキがある

賃貸契約を成立させるためには、入居審査に通過しなければならない。入居申込後、審査の結果がわかるまでにはどれくらいの期間がかかるのだろうか。

一般的に、入居審査には3日~10日ほどかかると言われている。日数はケースによってまちまちだが、審査に時間がかかる理由としては主に下記の二つがある。

入居審査に時間がかかる理由とは?

入居審査に時間がかかる理由とは?

入居審査に時間がかかる理由①:入居申込書に不備がある

入居申込書に不備があった場合、入居審査は開始されない。申込書には自分自身のことはもちろん、保証人になっている人物の勤務先や年収なども記載しなければならないため、間違いが発生しやすいのだ。

入居申込書に不備があった場合はすぐに確認の連絡が来ることがほとんどだ。その場合はすみやかに書き直しや訂正の手続きをとるようにしよう。

また、連帯保証人をお願いする人の情報については、部屋探しを始める際にあらかじめ集めておくとスムーズに手続きを進めることができるだろう。

入居審査に時間がかかる理由②:大家さんと連絡が取れない

書類の不備以外に、入居審査が遅れる理由としては、大家さんが忙しく、連絡が取れないということがある。こればかりはコントロールできない範疇なので、気長に待つしかないだろう。

入居申込書を提出してからなかなか連絡がなく、不安になることもあるだろう。もし、事前に担当者から聞いていた日数が経過しても連絡がない場合には、不動産会社に連絡を入れて担当者に確認を取ることをおすすめする。


次のページでは、入居審査に通りやすくするためのポイントをご紹介。

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger