よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お金・節約 > 料理・掃除・洗濯で、生活費を1円でも節約する方法を調査してみた!

料理・掃除・洗濯で、生活費を1円でも節約する方法を調査してみた!

生活費を1円でも節約すべく、生活用品の初期費用とランニングコストを調査

お気に入りの「激安部屋」が見つかったら、いよいよ新生活のスタート! そこで必要になってくるのが家電製品や調理器具などの生活用品だ。洗濯機に冷蔵庫、炊飯器……、いろいろ買いそろえるとなると、それだけでもかなりの出費になってしまう。

特に初めての一人暮らしでは、どんな物が必要なのか判断に迷うことも多いだろう。安く新生活をスタートするなら、必ずしも生活に必要のない大物家電などは「買わない」という選択肢もある。

例えば「掃除機」。安いモデルでも1万円前後はするため、安価なフロアワイパーで代用するという手段が考えられる。しかし、フロアワイパーは掃除をするたびにシートを取り替えなければならないため、結局高くつく可能性もある。結局、何を選べばお得に暮らせるのだろうか?

そこで今回は、料理・洗濯・掃除にまつわる5つのシーンについて「1円でも安く暮らす方法」を徹底検証! 初期費用と2年分のランニングコストから、安上がりな手段を調査した。

光熱費の計算方法

  • 電気代…1kWhあたり27円で計算 ※1
  • 水道代…1㎥あたり128円で計算 ※2
  • ガス代…1㎥あたり151.74 円で計算 ※3

生活費を1円でも節約する方法を徹底比較!検証01お米を食べる

検証条件:2日に1回、1合の米を消費する

生活費のコスト比較対象①レトルトごはん(レンジ使用)

<費用>
・レトルトごはん代:233.3円/回 ※600g 400円
・電気代:0.53円/回 ※1,180W・1分 ※電子レンジ購入費用は除いて計算

レトルトごはん

レトルトごはん

生活費のコスト比較対象②炊飯器

<費用>
・炊飯器購入費:10,000円
・米代:60円/回
・電気代:2.53円/回 ※93.7W/回
・水道代:0.02円/回 ※200ml使用

炊飯器

炊飯器

生活費のコスト比較対象③土鍋(ガスコンロ使用)

<費用>
・土鍋購入費:3,000円
・米代:60円/回
・ガス代:6.79円/回 ※中火で20分炊いた場合
・水道代:0.06円/回 ※500ml使用

土鍋

土鍋

生活費のコスト比較結果

2年間では土鍋に軍配

2年間では土鍋に軍配

2年間では土鍋に軍配も長い目で見れば炊飯器が得?

基本的には、お米を炊くのにしか使わない炊飯器。わざわざ購入しなくても、他の方法で代用できるのではないか。そこで、今回は土鍋で炊く場合、パック入りのレトルトごはんを電子レンジで温める場合と比較してみた。

結果は土鍋に軍配。1回の光熱費については炊飯器の方が安かったものの、2年間では購入費用10,000円を回収できなかった。ちなみに、今回の条件だと5年以上使えば炊飯器がお得になる計算。使用頻度によって検討を。

生活費を1円でも節約する方法を徹底比較!検証02パスタを食べる

検証条件:週に2回、乾麺100g分のパスタを消費する

生活費のコスト比較対象①レンジ調理器

<費用>
・レンジ調理器代:100円
・パスタ・ソース代:118円/回
・電気代:5.31円/回 ※1,180W・10分
・水道代:0.1円/回 ※800ml使用

レンジ調理器

レンジ調理器

生活費のコスト比較対象②鍋

<費用>
・パスタ・ソース代:118円/回
・ガス代…4.07円/回 ※中火・7分
・水道代…0.26円/回 ※2,000ml使用

鍋

生活費のコスト比較対象③コンビニ惣菜

<費用>
・お惣菜代:400円/回
・電気代:2.75円/回 ※1,180W・5分
※電子レンジ購入費用は除いて計算

コンビニ惣菜

コンビニ惣菜

生活費のコスト比較結果

鍋とレンジ調理器、光熱費はほぼ互角

鍋とレンジ調理器、光熱費はほぼ互角

鍋とレンジ調理器光熱費はほぼ互角

100円ショップでは、オムレツやラーメンなど、さまざまなものが電子レンジで調理できる便利な調理器が販売されている。なかでも便利と話題なのがパスタ用調理器。鍋でゆでるより光熱費が安いのでは? ということで調査してみた。

結果、光熱費については鍋が4.33円、レンジ調理器が5.41円と鍋が僅差で勝利。フライパン等で少ない水量でゆでれば、更に光熱費を抑えられるだろう。一方、「コンビニ惣菜」は段違いで割高という結果に。節約の第一歩は、自炊を始めることからといえそうだ。

生活費を1円でも節約する方法を徹底比較!検証03お湯を沸かす

検証条件:1日1回、紅茶2杯分の水(500ml)を沸かす

生活費のコスト比較対象①電子レンジ

<費用>
・電気代…1.59円/回 ※1,180W・1分
・水道代…0.06円/回 ※500ml使用
※電子レンジ購入費用は除いて計算

電子レンジ

電子レンジ

生活費のコスト比較対象②やかん

<費用>
・やかん代:750円
・ガス代:0.85円/回 ※中火・2.5分
・水道代:0.06円/回 ※500ml使用

やかん

やかん

生活費のコスト比較対象③電気ケトル

<費用>
・電気ケトル購入代:1,800円
・電気代:1.61円/回 ※1,250W・3分
・水道代…0.06円/回 ※500ml使用

電気ケトル

電気ケトル

生活費のコスト比較結果

光熱費はやかんが最もお得! 使用頻度量によって検討を

光熱費はやかんが最もお得!
使用頻度量によって検討を

光熱費はやかんが最もお得!使用頻度量によって検討を

料理をはじめ、暮らしのさまざまなシーンで活躍するのが電気ケトル。価格も安く、短時間であっという間にお湯が沸くが、光熱費はどのくらいかかるのだろうか。ガスコンロを使ってやかんでお湯を沸かす場合、電子レンジで沸かす場合と比較してみた。

今回の検証では電子レンジの勝利。ただ、電子レンジで温められるお湯の温度は80〜90℃程度と限界がある。また、光熱費はやかんが最も安く、今回の条件では34ヵ月目でやかんのコストを追い抜く計算。頻繁にお湯を沸かすなら、やかんの購入をオススメする。

生活費を1円でも節約する方法を徹底比較!検証04床の掃除

検証条件:単身用アパートで週2回掃除を行う

生活費のコスト比較対象①掃除機

<費用>
・掃除機購入代:10,000円
・電気代:5.18円/回 ※1,000W〜200W・20分運転

掃除機

掃除機

生活費のコスト比較対象②フロアワイパー

<費用>
・ワイパー本体購入代:1,000円
・シート1枚購入代:25円/回

フロアワイパー

フロアワイパー

生活費のコスト比較対象③ロボット掃除機

<費用>
・掃除ロボット購入代:40,000円
・電気代(充電時):2.67円/回
・電気代(充電時):2.27円/回
※33Wh・3時間で充電完了 待機時3.2Wh消費

ロボット掃除機

ロボット掃除機

生活費のコスト比較結果

掃除機とフロアワイパー5,000円程度の開き!

掃除機とフロアワイパー5,000円程度の開き!

一人暮らしの家に掃除機は必要ない?

続いては掃除機とフロアワイパーの比較。初期費用だけ見ればフロアワイパーが安価だが、使い捨てのシートを都度取り替えなければならない分、ランニングコストが高くつく可能性もありそうだ。

しかし、今回の条件ではフロアワイパーが圧倒的に低コストという結果に。一人暮らしの部屋であればシート1枚で十分きれいになるため、シート代もそこまで割高ではなかった。ロボット掃除機は性能のわりに消費電力は低かったが、節約生活にはまだまだ高嶺の花といえそうだ。

生活費を1円でも節約する方法を徹底比較!検証05洗濯

検証条件:一人暮らしで、週に2回洗濯する

生活費のコスト比較対象①洗濯機

<費用>
・洗濯機購入費:50,000円
・洗剤代:16.6円/回
・水道代:11.78円/回 ※2回すすぎ、92ℓ使用
・電気代…0.92円/回 ※59Wh・35分

洗濯機

洗濯機

生活費のコスト比較対象②コインランドリー

<費用>
・利用料金:300円/回

コインランドリー

コインランドリー

生活費のコスト比較対象③手洗い

<費用>
・洗剤代:16.6円/回
・水道代:1.92円/回 ※15ℓ使用

手洗い

手洗い

生活費のコスト比較結果

1円でも安く暮らすなら やはり手洗いが最強!

1円でも安く暮らすなら
やはり手洗いが最強!

1円でも安く暮らすならやはり手洗いが最強!

生活していれば絶対に発生する洗濯物。「1円でも安く暮らす」なら手洗いが最強だろうが、全ての洗濯物を手で洗うのは現実的には難しいだろう。日々の洗濯をコインランドリーで済ませた場合と自宅の洗濯機を使用する場合、どちらがお得なのだろうか。

今回は、一人暮らしで週に2回洗濯をする場合と仮定。コインランドリーの利用料金を300円とした場合、22ヵ月目で洗濯機を超えてしまう計算に。2年使うなら、費用面では洗濯機を購入した方が安上がりといえそうだ。

生活費を1円でも節約する方法を徹底比較!検証06洗濯物の乾燥

検証条件:一人暮らしで、週に2回洗濯物を干す

生活費のコスト比較対象①浴室乾燥機

<費用>
・電気代:63.7円/回 
※1,180W・2時間
※物件に備え付けの想定

浴室乾燥機

浴室乾燥機

生活費のコスト比較対象②除湿機

<費用>
・除湿機購入費:20,000円
・電気代:20.8円/回 ※385W・2時間

除湿機

除湿機

生活費のコスト比較対象③サーキュレーター

<費用>
・サーキュレーター購入代:3,000円
・電気代:4.185円/回 ※31W・5時間

サーキュレーター

サーキュレーター

生活費のコスト比較結果

浴室乾燥機の電気代は高め…… サーキュレーターの活用を

浴室乾燥機の電気代は高め……。サーキュレーターの活用を

浴室乾燥機の電気代は高め……サーキュレーターの活用を

物件についているとうれしい浴室乾燥機。雨の日も居室内に湿ったものを干す必要がないのが魅力だが、電気代が高いという噂も……。むしろサーキュレーターや除湿機を購入してしまった方が、結果的に安上がりかも?ということで調べてみた。

浴室乾燥機の消費電力は1,180W、1時間あたりの電気代は約60円。週に2回、2時間使用すると、電気代はなんと年間6,000円にもなる。一方、サーキュレーターは首ふり機能付きでも2,000円代〜販売されている。部屋干し中心の生活を送るなら、ぜひ購入を!

生活費の節約の第一歩は手間を惜しまないこと!

手間なくして節約なし!便利な家電やグッズは、その分コストもかかるもの。節約への第一歩は「手間を惜しまないこと」から始まると心得て!

生活費の節約のポイント1、生活スタイルに応じて使い分けよう

今回の検証結果はあくまで一例。生活スタイルによって取るべき選択肢は異なってくる。例えばフロアワイパーも、頻繁に掃除をする人にとっては割高になるだろう。引っ越し時に生活用品を一気に買いそろえるのではなく、暮らしに応じて少しずつ買い足していくのも賢い方法だ。

生活費の節約のポイント2、大きな買い物は将来設計を視野に入れて

初期コストがかかる大型家電などは、長く使えば使うほどお得。もし購入するなら、現在の生活スタイルだけでなく、将来設計も視野に入れておこう。今は一人暮らしでも、恋人との同棲を考えているなら、洗濯機などは少し容量の大きいタイプを選んでおけば長く使うことができる。

生活費の節約のポイント3、自炊は買い置き・作り置きが基本!

自炊は節約の基本だが、一食分ずつ作ると材料費も光熱費もかさんでしまう。例えばお米は一度に多めに炊いて、小分けに冷凍しておくなど工夫しよう。また、買った食材は使い切ることが大前提。余ったおかずなどは密閉容器に入れて保存し、期限内に食べきれるように管理しよう。

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

文=編集部

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger