よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お金・節約 > 手間なく電気代を節約して、ワンランク上の部屋に住むためのテクニック[PR]

手間なく電気代を節約して、ワンランク上の部屋に住むためのテクニック[PR]

これから新生活を始めよう!と期待に胸を膨らませている皆さん、既に賃貸生活を満喫している方も、心の中では「月々の出費はなるべく抑えたい!」なんて思っているはず。出費の中でも光熱費、特に電気代は割合が多く、しかも毎月必ずかかるものだけに、できるものなら低コスト化したいはずだ。今回はそんな電気代を“楽して節約できるテクニック”をご紹介! うまくコストカットできれば、ワンランク上の部屋に住むことができるぞ。

今や電化製品のない生活は考えられない。それだけ電気代がかかっている、ということ……

今や電化製品のない生活は考えられない。それだけ電気代がかかっている、ということ……

実際、電気代ってどのくらいかかってる?

テレビにインターネット、エアコンに電子レンジなど、便利な電化製品ほど電気代はかかるもの。月々の平均電気代は一人暮らしで3,257円、3人家族だと11,296円かかるのが日本人の平均とのこと(総務省統計局調べ・2015年)。これはバカにできない!

電化製品別・1ヵ月の一般的な電気使用料金

一般的な1カ月の電気使用量とその費用を表にしてみた。

製品の消費電力、使用状況によって数字はかなり変わるが、エアコン暖房、電気ストーブは1ヵ月それぞれ3,000円を超えるのがごく当たり前。どうりで冬の電気代が高いわけだ。夏もエアコン冷房を使うため、その電気代は高いのだろうと容易に想像できる。
※1kWhあたりの従量料金単価を26円として計算

1ヵ月の一般的な電気使用量とその費用

1ヵ月の一般的な電気使用量とその費用

この電気代、どうやって節約する?

実はこの電気代、努力次第で節約する方法はある。知恵と工夫で少しでもおトクになるなら、チャレンジしてみる甲斐があるというもの。ここからは電気代を節約するテクニックを紹介しよう!

コンセントからプラグをこまめに抜く

多くの電化製品は、オフにしても電気が通っている。これが待機電力。電気使用量全体のうち、待機電力は6%も占めてるそうだ。つまり、使っていない電化製品のプラグをこまめに抜けば、電気代(従量分)の6%は節約できるってこと。ただし起動時に待機電力以上の電力を使う電化製品もあるので注意が必要!

プラグをこまめに抜いて節約しよう

プラグをこまめに抜いて節約しよう

実はエアコンは付けっぱなしがイイ?

最近、この節約術がインターネットなどで取り上げられるのをよく目にするが、結論から先に言ってしまうと、ほとんどの家庭では当てはまらない。日中、長時間部屋を空ける人などは、オフにした方が良いに決まっているのだ。

ただし、30分程度の短い外出……といった条件なら、つけっぱなしにした方が消費電力が少ない場合もある。

ちょっとコンビニまで……という時はつけっぱなしでOK

ちょっとコンビニまで……という時はつけっぱなしでOK

浴室乾燥機は1回100円以上!

最近、設備している物件が増えてきた浴室乾燥機。梅雨時などにはとても便利な装置だが、消費電力量にご注目! 一般的な浴室乾燥機の消費電力は約1,250Wとドライヤー並みに大きく、3時間使うだけで100円以上の電気代がかかってしまうのだ。使用回数を減らすだけで節約に直結するはず。

電力会社を見直せば、月々の電気代をもっとカンタンに節約できる!

電力会社を見直すだけで節約できる!

電力会社を見直すだけで節約できる!

ここまで電気代を節約するテクニックを紹介してきたが、実はもっと簡単な方法がある。それは「電力会社を切り替える」こと。

2016年に家庭電力市場は全面自由化され、電力会社を自由に選べるようになったのはご存じだろうか。コストに敏感な人ほど、すでに従来の電力会社から新電力会社にスイッチしている。「電力会社を見直したことがない」という人は、おそらく従来の電力会社にて契約をしているはずだ。

そんななか「集合住宅や賃貸住宅では、居住者が勝手に電力会社を切り替えることはできないでしょ?」なんて思っている人も少なくない様子。コレ、実は切り替えが可能なのである。賃貸でも高圧一括受電契約など特殊な場合を除き、居住者側で電力会社を切り替えてOK。特別な許可や届け出も必要ない。

手間暇かけずに電力会社を切り替えるだけで電気代がおトクになるのだから、ここは迷わずトライすべき! 電力会社を比較して、自分の生活に合った電力会社に切り替えてみよう。

おトクな電力会社って?

自由化以降、大小さまざまな新電力会社が登場したが、今回は「ENEOSでんき」を例にご紹介。ガソリンスタンドなどエネルギー供給でお馴染みのENEOSブランドという安心感だけでなく、以下のように様々なメリットがある。

「ENEOSでんき」のおトクポイント

「ENEOSでんき」のおトクポイント

※「ENEOSでんき」の供給エリアは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)にお住まいの方(離島を除く)が対象(2018年1月時点)

①電気代のおトクさがトップクラス

電気代がおトクになると言っても、使用状況によって異なるのでは?という心配はご無用。「ENEOSでんき」なら電力使用量が少ない一人暮らしの人でも、ほぼ確実に今までよりおトクになる。

たとえば従来の電力会社で月間の平均電気使用量が200kWh、電気代が5,550円(※1)の方の場合、「ENEOSでんき」に切り替えるだけで年間約2,310円(※2)もおトクになるという計算に!
※1 東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」「従量電灯C」の場合、燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を含まない ※2 「にねんとく²割」を含む

これは電気代のうち、「ENEOSでんき」は「従量料金」と呼ばれる電気使用量に応じた料金がリーズナブルなため。

もちろん、たくさん電気を使う家庭ほど価格メリットは大きく、月間電気使用量が400kWh、電気代が11,150円(※3)の家庭で計算すると、年間約10,210円もおトクに。従来の電力会社から「ENEOSでんき」に切り替えた人は、年間で平均13,000円おトクになったというデータもある。

※3 東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」「従量電灯C」の場合

②手続きがカンタン

下記を見ていただければ一目瞭然だが、切り替えの手続きは一切ストレスなし。なんと現在契約中の電力会社への解約手続き(※)も「ENEOSでんき」がしてくれちゃう! これは面倒くさがりの人にとってうれしい情報。
※引っ越し時の解約手続きを除く

③解約金がかからない

「ENEOSでんき」の場合、途中で解約しても、基本的に解約金はかからない(※)。遠方への引っ越しなど、ライフステージが変化しやすい若者にとっても安心!

※オプションメニュー「にねんとく²割」を契約している場合を除く

④セット割を選ばなくてもおトク

新電力会社のプランで多いのは、携帯やネット、ガスなど他のサービスとセットで申し込むとおトクになる、というもの。ただこの「セット割」では新たに他の契約を結んだり、片方だけ解約したくてもできなかったり、大きな解約金が発生したり……と考えるだけでも面倒!

でも「ENEOSでんき」なら、純粋に電気料金だけでおトクを実感できるのだ。

切り替えは引っ越しのタイミングが一番ラクチン!

引っ越し時にはいずれにしても電気の契約手続きが必要になるので、電力会社を切り替えるなら、そのタイミングがベスト。「ENEOSでんき」への申し込みはインターネットのほか、電話でもカンタン!

◆電話の場合

「ENEOSでんきカスタマーセンター」に電話するだけ!

引っ越しのタイミングで電力会社の切り替えを検討していた編集部員A。以前契約していた電力会社と「ENEOSでんき」を比べ、毎月の電気代が安くなることがわかったので、さっそく切り替えることに。アナログ派なのでカスタマーセンターへ電話!

ちなみに引っ越しを控えている方の場合、新しい住所や電話番号を伝えるだけで電話での案内に沿って申込手続きができる。電気に関する不安ごとも丁寧に答えてくれるので、この際だから聞いておこう。

電話は午前9時から午後8時まで(年末年始を除く)

電話は午前9時から午後8時まで(年末年始を除く)

手続きは電話1本でらくらく!

手続きは電話1本でらくらく!

契約の申し込みもそのまま可能。「ENEOSでんき」の申し込みに必要な手続きは、たったコレだけ! 引っ越しのタイミングなら、用意するものは何もなし! ただ電話するだけで引っ越し初日からおトクに電気を使うことができる。電話一本だけですぐに節約できるなんてうれしい!

電気代に関する不安ごとも解消してもらったおかげで、以前よりも快適に毎日を過ごせそうだと語る編集部員A。電気代もおトクになるし、家計の負担が減りそうだ。

ちなみに引っ越しのタイミングでなくても電力会社を切り替えることはできる。検針票の情報があれば、どのくらいおトクになるかの試算も電話でしてくれるぞ。

検針票は月に一度、検針した際に自宅ポストに届くもの。直近の検針票が手元にない、という方もまずは電話を!

ENEOSでんきカスタマーセンター
TEL:0120-79-5017(受付時間:9:00~20:00)

◆インターネットの場合

「ENEOSでんき」のホームページにアクセスするだけ!

一方編集部員Kはインターネットで電力会社の切り替えにトライ。「ENEOSでんき」なら一人暮らしでもおトクになると聞き、さっそく「ENEOSでんき」のホームページにアクセスしてみた。

申し込みに必要なものは電話の場合と同じ。カンタンな入力だけで申し込みできるほか、おトクになる金額がひと目でわかる料金シミュレーターもある。これは便利!

アクセスするだけだからカンタン!

アクセスするだけだからカンタン!

料金シミュレーションもカンタン

料金シミュレーターを使って、「従量電灯B、30A、182kWh(2017年10月) / 現在の電気代:4,738円 / 東京都区内」で試算したところ、年間2,484円、さらに今なら期間限定のキャンペーン(下記参照)で3,000円割引され、年間で合計5,484円おトクになる、という結果が出た!

一人暮らしでもこんなにおトクになる!

一人暮らしでもこんなにおトクになる!

今回編集部員Kはインターネットで電力会社の切り替えをしてみたが、夜中でも関係なく、自分の好きな時間に作業ができる手軽さを魅力を感じたようだ。必要事項を入力していくだけなので、ものの5分で切り替え完了!

「ENEOSでんき」のホームページはこちら!

今ならさらにおトク! CHINTAIとの特別キャンペーン実施中!

おトクなキャンペーン実施中!|ENEOSでんき

おトクなキャンペーン実施中!

ただいま「ENEOSでんき」は、2018年3月31日までの期間限定キャンペーンを展開中!期間内に申し込みすると、使用開始月の電気料金から、3,000円が値引きされる。

そして今、下記の専用URLから申し込みするか、電話で「CHINTAIを見た!」と伝えれば、さらに追加で1,000円が割引されて計4,000円の割引が受けられるキャンペーンを実施中だ。

ENEOSでんき申し込み詳細はこちら!
ENEOSでんき「今なら3,000円+1,000円割引キャンペーン」
お電話は「ENEOSでんきカスタマーセンター」まで
TEL:0120-79-5017(受付時間:9:00~20:00)

<適用条件>
○ 次の2つを満たす方が対象になります。
①2018年3月末までにENEOSでんき(Vプラン)のお申し込みが完了していること
②2018年5月末までに、ENEOSでんきの供給を開始していること
○ご使用開始月の電気料金から、4,000円(税込)を値引き致します。
○ご使用開始月の電気料金(ご請求金額から再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く)が4,000円(税込)に満たない場合は、その残額を翌月以降に繰り越して電気料金から値引き致します。
※ただし、引越等によりご契約番号が変更となった場合には繰り越しとなりません
○既にENEOSでんきにお申し込み済みの方は、対象外です。

電力会社を見直してワンランク上の生活を

ここまで読んでいただけた方ならお分かりのように、もはや電力会社を切り替えない理由はない。月々の電気代を抑えられる算段がついたなら、ちょっとすてきな部屋に住んだり、プチ贅沢したって良いではないか!?

固定費を賢くカットして、さらに自由な賃貸生活を手に入れよう!

文・写真=編集部

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger