よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 部屋探し > 一人暮らしの若者こそ、よいお部屋を! 家賃にお金をかけるべき理由

一人暮らしの若者こそ、よいお部屋を! 家賃にお金をかけるべき理由

14971b10a5be51d27aab5350c8a3bce7_s

充実した毎日を送るために、ファッションや交際費など、いろんな部分に投資をしている20~30代。キャリアップや好きなことのためにお金を使うことを優先したいので、家賃にはお金をかけたくないという方もいるのではないでしょうか?

しかし、CHINTAIは20~30代こそ、家賃にお金をかけるべきだと提案します。そこで今回は、家賃にお金をかけた場合のメリットをお伝えします。

みんなは一人暮らしで何にお金をかけたい?

一人暮らしでどこにお金をかけたいのかアンケートを実施しました。

「一人暮らし、どこにお金をかけたい?」

「一人暮らし、どこにお金をかけたい?」

※20代~30代の男女330名に調査。(2016年12月16日CHINTAI調べ)

趣味・ファッションが約70%とダントツです!家賃は13%と最下位。日中は学校や仕事で忙しく、家にはいないから家賃にはそこまでかけないという方もいそうですね。それに比べると、食費も18%と意外にも少ない結果に。

みんな家賃にどのくらいかけているの?

money-256319_640

年収の2.5割までが家計を圧迫せずよいとされている家賃。例えば、年収400万円ならば、月にすると約8.3万円までが家賃が理想です。ちなみに、少し前まで家賃の理想は収入の3割とされていましたが、最近では物価の高騰などもあり、少し変わってきているようです。

ただ、アンケート結果をみると「家賃にお金をかけたい」という方が少ないという事実も分かりました。もしかしたら、理想の家賃よりも安い物件に住んでいる方も多いかもしれませんね。
しかし、趣味やファッションなどにお金をかけたいと思っている方でも、実は家賃にお金をかけてみるとよいことも!

次のページでは、家賃にお金をかけるメリットやその際気を付けることを紹介する。理想の暮らしが出来るように、自分が家賃にお金をかけたほうがいいタイプなのかどうか知っておこう!

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger