よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 「コーヒー染め」でアイテムを味のある風合いにしてみよう

「コーヒー染め」でアイテムを味のある風合いにしてみよう

芸術の秋に自宅でちょっとした染め物体験はいかがだろう。アイテムの表情に変化を与えてくれる「草木染め」は、天然の原料で染めるため、柔らかく優しい色合いに仕上げてくれるのだ。

コーヒー染めで身近なアイテムを味のある風合いに

コーヒー染めで身近なアイテムを味のある風合いに

なかでも、手軽に行えるのが「コーヒー染め」。今回は、実際にコーヒー染めの手順を紹介しよう。まず、準備しておくものは次の5つ。

準備しておくもの

・染めたいアイテム…今回はTシャツとハンカチを用意してみた。こうしたもの以外にも紙やレースなどでもOK
・インスタントコーヒー…コーヒーの出がらしを煮出す方法もあるが、より簡単なインスタントコーヒーを採用
・塩…染めを止めるために、ひとつまみほど使用。ミョウバンでも可
・鍋
・水

染め方

img_02

では、「コーヒー染め」スタート!

img_03

流水でじゃぶじゃぶ洗う

まずは、染まりやすくするために、アイテムを水洗いして汚れや糊などを取る。

img_04

鍋にいれたアイテムのうえにインスタントコーヒーをパラパラと投入

どれくらいの濃さに染めたいかにもよるが、今回はインスタントコーヒーの表示にそって、湯150mlあたりコーヒー2gという目安に準じて、1リットルの水にコーヒー14gを溶かしてみることにした。

img_05

焦げ付かないよう、さい箸でまぜる

気に入る色合いになるまで、火で10分ほど沸かしていく。

img_06

まんべんなく塩をふりかけて溶かす

適度な色味になったら、色止めの塩を投入し、火を止める。

img_07

しっかりと洗い流すことで色移りを防ぐ

余分なコーヒーを取り除くため、水で洗い流す。ここで火にかけていた時の色から2トーンくらい落ちてしまうので、それをふまえたうえで、色止めをした方がいいだろう。

ふんわりとコーヒーの香りが漂う

ふんわりとコーヒーの香りが漂う

あとはしっかりと干せば完成だ!

インスタントコーヒーで、アンティークな風合いの染め物が簡単にできあがった。染め上がり具合は、綿100%のTシャツより、化学繊維のハンカチの方がよく染まったような印象。

■Before

img_09

■After

img_10

■Before

img_11

■After

img_12

干している時間を除けば、所要時間は20分ほど。あなたも気軽に実践できる「コーヒー染め」で、アイテムに秋色の彩りを加えてみてはいかが?

(佐藤陽子+ノオト)

<オススメ記事>

風呂にぶち込むだけで温浴効果UP! 超簡単「炭風呂」のやり方
http://www.chintai.net/news/2014/11/10/2319/
そのブラジャー、まだ使える? 正しい捨て時と処分方法
http://www.chintai.net/news/2014/10/08/2001/
知っておくと便利! スニーカー&革靴の靴紐の結び方4種
http://www.chintai.net/news/2014/08/18/1067/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger