よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > グルメ > 栄養素もUP! 冬に飲みたいホットスムージーレシピ3選

栄養素もUP! 冬に飲みたいホットスムージーレシピ3選

  • 公開日:2014年11月19日
  • [グルメ]
Woman.Storeオープン!

体に良いとされるスムージーだが、冷たいまま飲むと体を冷やしてしまうことも……。そこで、冬にピッタリのおいしく体を温めてくれるホットスムージーレシピを紹介しよう。

寒い冬には冷たい飲み物は避けたいところ。ホットスムージーで冬を乗り切ろう!

寒い冬には冷たい飲み物は避けたいところ。ホットスムージーで冬を乗り切ろう!

「加熱したら野菜や果物の栄養が減ってしまうのでは?」という心配はご無用! 栄養素によっては、加熱することによって効果がUPするものもあるのだ。スムージーとの相性がいい食材では、ニンジンやカボチャに含まれる「カロテン」、リンゴに含まれる「ペクチン」などが挙げられる。ということで、実際にこれらの食材を使ってホットスムージーを作ってみることに。

ニンジンとバナナのホットスムージー

【材料(2~3杯分)】

img_02

・ニンジン…1本
・バナナ…1本
・牛乳…250ml
・蜂蜜…お好み

【作り方】
1.ニンジンとバナナを一口サイズにカットする
2.ニンジンと水大さじ1杯を耐熱容器に入れて、ラップ(またはフタ)をかけて電子レンジで2分加熱する
3.牛乳は電子レンジでひと肌程度に温める(鍋で温めてもOK)
4.すべての材料をミキサーにかけ、なめらかになったらコップに移せば完成だ!

img_03

ニンジンとバナナのやさしい甘さが楽しめて、スッキリした味わいながらもかなりの満足感。朝はもちろん、おやつにも良さそう。βカロテンと食物繊維が豊富に含まれているので、整腸作用と美肌効果が期待できる一品。

カボチャと豆乳のホットジンジャースムージー

【材料(1杯分)】

img_04

・カボチャ…60グラム
・蜂蜜…小さじ1.5
・すりおろしショウガ(チューブでもOK)…小さじ1
・調整豆乳…100ml

【作り方】
1.カボチャは種とワタに除き、一口サイズにカット。耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジで1分加熱する。冷凍カボチャを使うと手間が省けて◎
2.すべての材料をミキサーにかける
3.なめらかになったらコップに移し、電子レンジで50秒加熱すればできあがり!

img_05

豆乳とカボチャの相性が抜群で、まるでスープのようなクリーミーな食感。カボチャはカロテンが豊富なので免疫力がUP。さらにビタミンEも含んでいるので冷え改善にも効果的。ショウガも入っているので、飲んだ後には体がポカポカに。

リンゴとミカンのホットスムージー

【材料(2~3杯分)】

img_06

・ミカン…1個
・リンゴ…1/2個
・レモン果汁…大さじ1
・蜂蜜…お好みで
・お湯…100ml

【作り方】
1.ミカンとリンゴは皮をむき、一口サイズにカットする
2.すべての材料をミキサーにかけ、食材がなめらかになったら完成だ。作っている間に冷めてしまったら、電子レンジにかけて温めよう。

img_07

果肉たっぷりでゴクゴクと飲めるスッキリとした飲み口。フルーツの栄養分は摂りたいけれど、そのまま食べると冷えのもとになってしまう……。しかし、これだと、栄養素も摂れて、体も温まり一石二鳥。ペクチンの整腸作用も高まるので、便秘で悩んでいる人は飲むべし!

ホットスムージーは飲みごたえがあるので、忙しい朝やおやつ、夜食などに便利なレシピ。この冬は、ホットスムージーを作って、おなかも心も暖かく健康的な毎日を過ごそう!

(田村里佳+ノオト)

<オススメ記事>

アレンジ自在! 冷えた身体を温める“生姜湯”作りに挑戦!
https://www.chintai.net/news/2014/11/06/2261/
消化促進や冷え症対策にも! フレーバーウォーターを作ってみよう
https://www.chintai.net/news/2014/11/05/2256/
冷え症、美肌効果も!? 女性にうれしいココアの力
https://www.chintai.net/news/2014/10/22/2107/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger