よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 野菜や果物の汚れを除去!「野菜洗い洗剤」の実力は?

野菜や果物の汚れを除去!「野菜洗い洗剤」の実力は?

Woman.Storeオープン!

サラダやスムージーなど、生の野菜や果物を食べるときに気になるのが残留農薬やワックス、大腸菌といった汚れ。水洗いだけで落ちない汚れは、野菜洗い洗剤を活用しよう!

生や皮ごと食べるときに気になるのが、野菜や果物についている汚れ

生や皮ごと食べるときに気になるのが、野菜や果物についている汚れ

野菜洗い洗剤の使い方について、「哺乳びん野菜洗い」を販売するピジョン株式会社の広報室、金塚さんに話を聞いた。

――まず、「哺乳びん野菜洗い」とはどのような商品?

「基本的には、野菜や果物の表面に付着した汚れを落とすことができる商品です。『洗剤』ですので、水洗いだけの場合と比較すると、汚れが断然落ちやすくなります」

――野菜や果物の洗い方は?

「洗いおけなどに水を溜め、使用方法に従って洗剤を入れます。野菜・果物を入れて、つけおきしたり、洗ったりしてくださいください。最後に、流水で30秒以上しっかりとすすぎます。なお、野菜は水に5分以上つけたままにしないでください」

――洗剤が野菜や果物に残らないか心配なのですが……

「洗浄後にしっかりとすすげば問題ありません。この商品の1番の特徴は、『100%食品原料成分で作られている洗剤』 であるということ。赤ちゃんをはじめ、ご家族みなさまに安心してご使用いただけます。また、洗浄力は保ちつつ、泡切れを良くするため泡立ちを抑えてあります」

――野菜や果物洗い以外の活用法はなにかあるの?

「野菜や果物洗い用だけではなく、頑固なミルク汚れや離乳食の油汚れなど、赤ちゃん用品特有の汚れに強いのも、この商品の魅力です。また、スポンジ除菌としても使うことが可能です。洗剤を使用する際は、つけおきしての使用のほか、一般の家庭用台所用洗剤と同様に、ブラシやスポンジに直接つけてご使用いただけます」

ここで実際に、野菜洗い洗剤を使用している主婦の方に話を聞いてみた。

「野菜洗い洗剤を使うようになったきっかけは、友人が使用していたから。残留農薬やワックスが気になって使い始めました。実際に使用してみると、つけおき洗いなので簡単。野菜や果物を買ってきたらまとめて野菜洗い洗剤で洗ってから冷蔵庫に保存しておくと、調理するときにいちいち洗わないで済むので便利です。レタスなどの葉物野菜はシャキッとした感じになるし、以前よりも野菜をおいしく感じますね。また、天然成分を使用しているので、環境に優しいのもうれしいです」

食の安全性が叫ばれている昨今。買ってきた野菜や果物をつけおき洗いするだけなら、安心&簡単だ。

(平野友紀子+ノオト)

<関連サイト>

ピジョン株式会社
http://www.pigeon.co.jp/

<オススメ記事>

ミキサーで混ぜるだけ! 簡単夏バテ防止ミックスジュース
https://www.chintai.net/news/2014/08/07/948/
これでクーラー要らず!? 涼しい「ゴーヤーカーテン」の作り方
https://www.chintai.net/news/2014/08/01/871/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger