今さら聞けない! 家で無線LANを使えるようにするには??

公開日:
最終更新日:

いまや生活に欠かせないネットの存在。実家では当たり前に無線LANが使えていたけど、実は自分で設定したことがない……という人も少なくないのでは?

無線LANとWi-Fiは同義語として使われることが多い。正確には、Wi-Fiは「Wi-Fi Alliance」という団体に認証された無線LAN規格の一つだ

無線LANとWi-Fiは同義語として使われることが多い。正確には、Wi-Fiは「Wi-Fi Alliance」という団体に認証された無線LAN規格の一つだ

そこで、これから迎える秋の引越しシーズンを前に、自宅で無線LAN環境を整える方法をおさらい!

【必要なもの】
・回線終端装置(光回線)もしくはモデム
・無線LANルーター
・LANケーブル
・PCやスマホなど、無線LAN対応機器

そもそもインターネットに接続するには、「インターネット回線」と「プロバイダー」の契約が必要だ。回線は「光」や「ADSL」などがあり、NTTグループやKDDIなどの回線事業者と契約する。プロバイダーは回線をインターネットにつなぐ仲介の役割を果たし、ニフティやビッグローブなどがある。契約を申し込むと、後日回線工事が行われる。

光回線を申し込んだ場合、部屋に「回線終端装置」が設置される。回線終端装置のLAN端子と無線LANルーターのWAN端子を無線LANケーブルでつなごう(モデムの場合はモデムのLAN端子とルーターのWAN端子をつなぐ)。無線LANルーターが親機の役割を果たし、そこから発信される電波をスマートフォンやPC、ゲーム機器など、無線LAN対応機器(子機)が受信することで、無線でインターネットが使えるようになる。

子機がインターネットを使えるようにするための設定はそれぞれ異なるが、基本的には親機本体に記載されているネットワーク名(SSID)、セキュリティの種類、暗号化の種類、セキュリティキー(暗号化キーとも呼ぶ)を入力すれば使えるようになる。各子機の接続方法を確認しよう。

一見難しそうなインターネット環境の設定も、順を追えば難しいものではない。引越し後のネット環境で困らないためにも、基本的な流れを知っておこう!

(南澤悠佳/ノオト)

リンクをコピー
関連記事関連記事