よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 「大楽毛」「眼目」……日本全国難読地名~人体編~

「大楽毛」「眼目」……日本全国難読地名~人体編~

日本全国にあふれる難読な地名。これまでにお届けした「動物編」「漢数字編」に引き続き、今回は「人体編」を集めてみた。身体の一部が名前に含まれた、ユニークで難読な地名にぜひ挑戦してみて欲しい。それではスタート!

img_01

読めそうで読めない難読地名……。由来も気になる!

大楽毛(北海道)

北海道には難読地名が数多くあるが、これは元々あったアイヌ語の地名に、後から漢字を当てはめたため。さてこの地名、なんと「おたのしけ」と読む。アイヌ語で「砂浜の中心部」を意味する「オタ・ノシケ」に、漢字を当てたものだそう。なかなか厄介な地名である。

湖尻(神奈川県)

箱根町にある芦ノ湖の水が、東北側から流れ出る付近にあるのがこの湖尻。ストレートに読めば「こじり」だが、答えは「うみじり」。「みずうみのしり」が略されて「うみじり」と呼ばれるようになったのが由来とのこと。しかし、最近ではストレートに「こじり」と読む人が増えているらしく、いずれは「こじり」が正解になる日が来るかもしれない……?

頸城(新潟県)

平安時代中期に作られた辞書、「和名抄」にこの地名が残されている歴史ある穀倉地帯。ちなみに当時は「久比岐」と記されたため、頸城は当て字だと思われる。そう、答えは「くびき」。「国引き」が由来という説もあり、かなり由緒ある土地であったことが想像される。

眼目(富山県)

めめ……? がんもく……? 答えはなんと「さっか」! ここは、昔、「察花(さっか)」と呼ばれていたそう。ある時、加賀藩3代目当主・前田利常がこの地を訪れ、その素晴らしい景色を見て「この地を眼目(がんもく)せよ」 という言葉を残したことから、地名が「眼目」に変更されたそう。その後も元の読み方だけが残ってしまったという、あべこべな地名である。

神足(京都府)

かつて長岡京が存在した、京都府長岡京市に残るこの地名。答えは「こうたり」。起源は、時の天皇であった桓武天皇が、この土地に神様が降り立つ夢を見たことから来ているそう。後に桓武天皇はこの地に社を作り、この神様を祀ったという。古都京都のロマンを感じさせる、美しい地名である。

耳成(奈良県)

大和三山のうちのひとつ、耳成山のあるこの土地。答えは「みみなし」。耳成山は見事に三角形の形をしており、まるで地面から生えた耳の形に見えるため、「耳の形を成す」ということからこの地名になったという。念のため、あの「耳なし芳一」とは無関係なのでご注意を。

さて、みなさんはいくつ読むことができただろうか? 知れば知るほど興味が湧いてくる難読地名。これまで紹介してきた地名は、ほんの一握りに過ぎない。ぜひ日本中の難読地名探しに挑戦してもらいたい。ちなみに由来には諸説あり、必ずしも正しいとは限らないため、その点はあしからず!

(波多野友子+ノオト)

<オススメ記事>

「七五三」「四十八願」……日本全国難読地名~漢数字編~
http://www.chintai.net/news/201406/26-01/
「蛇穴」「神鳥谷」……日本全国難読地名~動物編~
http://www.chintai.net/news/201405/01-02/
お宝を探せ! レアな古民家物件を見つける方法
http://www.chintai.net/news/201401/07-02/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger