夏バテは人間だけじゃない? パソコンの温度を下げる方法

公開日:2014年8月4日

夏本番で暑い日々が続くが、気温の上昇で夏バテしてしまうのは人間だけではない。パソコンを使っている最中、ファンが回りっぱなしで熱くなってきたという経験はないだろうか?

img_01

仕事やプライベートでも使う機会が多いパソコンだからこそ、大事に使っていきたいもの

パソコン内部の温度が高すぎると、熱暴走を起こして制御できないことや、場合によっては寿命が短くなることもある。パソコンにとって高温は大敵なのだ。今回はパソコンの温度を下げる方法を紹介しよう。

部屋の温度を下げる

真夏の気温では、熱が逃げずにパソコン内部の温度が高いままで負荷をかけてしまう場合も

真夏の気温では、熱が逃げずにパソコン内部の温度が高いままで負荷をかけてしまう場合も

基本的な話だが、パソコンの温度は使用している環境によって左右される。室温が高いとパソコンの放熱効率が落ちるため、まずは部屋の温度を下げてみよう。

常駐している無駄なソフトを停止する

Windowsの場合、スタート>コントロールパネル>管理ツール>システム構成とクリックすれば、常駐ソフトを停止できる

Windowsの場合、スタート>コントロールパネル>管理ツール>システム構成とクリックすれば、常駐ソフトを停止できる

パソコン内の温度が高くなる原因として、ソフトを起動しすぎ、CPUに負荷がかかっていることが挙げられる。自分では使いすぎている意識がなくとも、起動時に自動的にソフトが動いているということもある。不要なソフトであれば切ったほうが良いだろう。

長時間の使用は避ける

長時間使っていて処理速度が遅いと感じるなら、パソコンの電源を切ってしまおう

長時間使っていて処理速度が遅いと感じるなら、パソコンの電源を切ってしまおう

必要以上にソフトを起動すること以外にも、長時間使用しているとCPUに負荷がかかる。ファンが頻繁に回るようなら、一度電源を落としてみよう。

ファンを掃除する

市販のエアダスターを使って、ファンに付いたほこりを吹き飛ばして掃除する

市販のエアダスターを使って、ファンに付いたほこりを吹き飛ばして掃除する

パソコン内の温度を下げるためのファンも、ほこりがたまっている状態では、ほとんど機能しない。スプレー缶型のエアダスターなど、掃除グッズが市販されて いるため、定期的に掃除することを心がけよう。ただし、掃除機で強く吸うなど間違った掃除方法は、故障の原因になるため、注意しよう。

パソコンの底面を浮かせる(ノートパソコンのみ)

市販のグッズもあるが、見た目を気にしないなら、ペットボトルのふたなどでも効果がある

市販のグッズもあるが、見た目を気にしないなら、ペットボトルのふたなどでも効果がある

ノートパソコンで排気口が底面にあるタイプであれば、その部分を浮かすことで放熱効率を上げることができる。机とノートパソコンの間に土台をはさみ、底面 を浮かせよう。排気口が底面にあるタイプ以外では逆効果になる場合もあるので、この方法を試す前に、排気口を確認することを忘れずに。

処理速度が遅い、ファンの回転が多いなどパソコンの効率が普段よりも落ちていると感じたら、上記の方法を試してみるのはいかがだろうか。

(杉山大祐/ノオト)

リンクをコピー
関連記事関連記事