よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > デカすぎ! 地方展開している超巨大スーパーまとめ

デカすぎ! 地方展開している超巨大スーパーまとめ

車移動の地方生活者にとって、ライフラインにもなっているのが「超巨大スーパー」だ。今回は、都心部では見られないが、地方のみで展開している店舗をご紹介する。

地方生活者にとっては、なんでもそろう「大型スーパー」は、便利!

地方生活者にとっては、なんでもそろう「大型スーパー」は、便利!

A-Zスーパーセンター

こちらは株式会社マキオが鹿児島県内で展開する24時間営業の超大型スーパー。現在、県内に3店舗展開しており、どの店舗も売り場面積が1万平米以上の圧倒的な広さを誇る。店名の「A-Z」はアルファベットのAからZまで、どんな商品も揃えているという意味。店内では食料品や生活用品のほか、自動車まで販売しているから驚きだ。

スーパーセンタープラント

続いては、福井県に本社を構え、日本海側の各県に20店舗を展開するスーパーセンタープラント。段ボールに入ったままの商品を陳列するなど、売り場と倉庫が一体となったレイアウトが特長だ。店舗の広さに合わせて、プラント1~6までの番号が付いていて、数字が大きくなるほど店舗面積が大きくなる。

ベイシア

群馬県に本社を構え、北関東を中心に100店舗以上を展開するベイシア。元々は「いせや」という名前のチェーンストアだったが、2000年以降ぐんぐんと大型化して、2万平米以上の超大型店舗を展開するまでになった。食料品、衣料品、生活用品などをすべてワンフロアにラインナップするほか、低価格路線のプライベートブランドにも力を入れる。

スーパーセンターオークワ

和歌山で創業し、関西・中部を中心に複数店舗を展開するスーパーセンターオークワ。巨大面積を持つ店舗としては、東京ドーム約3個分に当たる12万平米の敷地に、2000台の駐車スペースを有する南紀店がある。

スーパーセンタートライアル

最後は福岡県に本社を構え、全国各地に売り場面積3000平方メートルを超える店舗を展開するスーパーセンタートライアル。食料品スーパーとディスカウントストアの複合型店舗で、居抜き型の出店が多い。こちらもほとんどの店舗が24時間営業。最近では、韓国にも進出している。

どの店舗も広大な駐車場があり、車で来店しやすいようになっているのが魅力のひとつだ。スケールの大きな店舗は見応えがあるので、都会暮らしの方々は、お出かけの際にフラっと立ち寄ってみるのも楽しいかもしれない。

(根岸達朗+ノオト)

<オススメ記事>

節約のプロおすすめ! 買って損しない100均商品ベスト3
http://www.chintai.net/news/201310/22-02/
リーズナブルな雑貨ストア「ASOKO」が東京初進出、原宿にオープン!
http://www.chintai.net/news/201310/04-01/
デンマーク発、雑貨界の黒船「タイガー」が表参道に出店
http://www.chintai.net/news/201310/09-02/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger