簡単にオシャレ料理ができる! シーズニングミックスってなに?

公開日:
最終更新日:

最近、スーパーなどでよく見かけるようになった「シーズニングミックス」。種類が豊富で、ちょっと凝ったオシャレ料理も簡単に作ることができる優れものなのだ。

まぶして焼いただけで、おいしいハーブステーキを作ることができた。

まぶして焼いただけで、おいしいハーブステーキを作ることができた。

そもそもシーズニング(seasoning)とは、調味料や香辛料という意味を持つ。シーズニングミックスの多くは、粉末状になっており、ふりかけるだけで、その料理が作れてしまうというもの。発売されている商品を見てみると、肉や魚の香草焼きやアヒージョ、タコスなど手のかかるものや、一般家庭にある調味料では再現しづらい海外の料理が多いのが特徴だ。

すでに調味料が整えられている状態なので、材料となる肉や野菜をそろえるだけでOK。そこで今回は、実際にひとつ調理してみることに。

用意したのは、エスビー食品の「サーモンのハーブステーキ」。パッケージには「まぶして焼くだけ」とあるが本当なのだろうか……? 比較対象として、まずは一般的なサーモンのハーブステーキの作り方を紹介しよう。

材料

鮭、白ワイン、塩、タイムやローズマリーなどのハーブ、小麦粉

作り方

1) 鮭に塩を振り、白ワインと、タイム、ローズマリーなどのハーブに15分ほどつけ込む
2) 水気をとって、小麦粉をまぶす
3) 鮭を焼く

一方、シーズニングミックスを使ったハーブステーキの作り方はこちら。

材料

鮭、シーズニングミックス

作り方

1)鮭にシーズニングミックスをまぶして5分ほど置く

2) 鮭を焼く

調理時間はトータルで10~15分程度。あれこれ材料を用意しなくてもよいうえに、本当にまぶして焼くだけの簡単さだ。しっかりとした香草の味もきいていて、メイン料理として堂々と出すことができる味だ。

いつもとはちょっと違う料理を作りたいときだけでなく、調理時間を短縮させたいときにも大活躍しそう。組み合わせ次第では、シーズニングミックスだけでコース料理も作れちゃうかも!? あなたも、ぜひ食卓に取り入れてみては?

(ミノシマタカコ+ノオト)

リンクをコピー
関連記事関連記事