朝ごはんにパスタを食べてもいいじゃない!男の「朝パスタ」レシピ

公開日:
最終更新日:

朝食に「パスタ」はいかが?

日本人の朝食といえば、米派かパン派かに分かれるところ。しかし、筆者はそこに「パスタ派」を加えてみたいと思っている。今回は、朝の忙しい時間でも手軽に作れる朝パスタレシピを紹介したい。

メモの準備はよろしいですか?
メモの準備はよろしいですか?

まず、筆者が考える「朝パスタ」の魅力とは次のようなものだ。

●調理が簡単!
筆者が作る朝パスタはそのほとんどが、残り物の食材をただ合えるだけの簡単レシピ。野菜や肉は麺と一緒に茹でてしまうので、鍋一つでできるものも多い。

●調理中にいろんなことができる!
パスタは調理に多少時間がかかるが、反対になにもすることがない時間も多い。例えば、湯を沸かしている時間に、洗顔や歯磨きなどを済ませることができる。沸騰した湯にパスタを投入してからの7~8分間は服選び、着替えの時間などに充てる。女性ならその間に化粧をしてもいいだろう。

それではレシピをご紹介しよう。

豚肉と水菜の玉ねぎソースパスタ

使えそうな食材がこれしかなかった(写真右上は冷凍ストックしてあった豚肉の薄切り)
使えそうな食材がこれしかなかった(写真右上は冷凍ストックしてあった豚肉の薄切り)

<調理方法>

  1. 水菜を適当なサイズに切る
  2. 玉ねぎをすりおろし、めんつゆと合えてソースを作る
  3. パスタを茹でる(表示時間通り)
  4. パスタを引き上げる1分前くらいに豚肉を投入
  5. 茹でたパスタと豚肉をボウルに移し、水菜を投入
  6. ソースとよく合える。皿に盛り付けて完成
これで完成。ほんのり甘い和風な味付けがポイント。
これで完成。ほんのり甘い和風な味付けがポイント。

水菜はパスタの余熱でしんなりするので茹でなくてOK。ソースをポン酢で作ると、豚しゃぶサラダのような感じになり、それはそれで美味。

納豆パスタ(しめじ&長ねぎ入り)

バターと納豆は相性抜群。
バターと納豆は相性抜群。

<調理方法>

  1. 長ねぎを細かく刻み、しめじを適当にばらす
  2. 納豆にたれを入れて混ぜる
  3. パスタを茹でる(表示時間通り)
  4. パスタを引き上げる2分前くらいにしめじを投入
  5. 茹でたパスタとしめじをボウルに移し、納豆、長ねぎ、バターを投入
  6. しょう油を全体に回し入れて合える
  7. 皿に盛り付け、手でちぎった海苔をかけて完成
納豆パスタは和の心にあふれている。
納豆パスタは和の心にあふれている。

米と同じ炭水化物のパスタが納豆と合わないわけがない。間違いないうまさ。

残りもの野菜全部入れペペロンチーノ

中途半端に残った野菜類。左からにんじん、玉ねぎ、なす、エリンギ。
中途半端に残った野菜類。左からにんじん、玉ねぎ、なす、エリンギ。

<調理方法>

  1. 残り物野菜を適当なサイズに切る
  2. 切った野菜と共にパスタを茹でる(表示時間より短めで)
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて、にんにくと鷹の爪を弱火~中火でじっくり火にかける
  4. ゆで上がったパスタと野菜をフライパンに投入し、塩こしょうを加え、火にかけながら麺とオイルをなじませる。
  5. 皿に盛りつけて完成
メモの準備はよろしいですか?
いろんな種類の野菜が食べられるダイナミックな一皿。

中途半端に残った野菜を一気に使える朝パスタレシピ。しかし、朝なのでにんにくは、控えめにしておくのが無難だ。

上記の朝パスタはあくまでも自分のために作ったもの。暮らしに密着した料理の一例としてご紹介した。みなさんが調理されるときは、ぜひお好みの食材で美しくアレンジしていただきたい。

(根岸達朗+ノオト)

リンクをコピー
関連記事関連記事