4月4日はあんぱんの日! 変わり種あんぱんを集めてみた

公開日:
最終更新日:

4月4日は「あんぱんの日」ということをご存じ? 1875年(明治8)年のこの日、 あんぱんで有名な老舗店木村屋より明治天皇に「酒種桜あんぱん」が献上されたことを記念して定められたのだ。

見るからに風変わりなあんぱんや、味で驚かせるものなど、変わり種あんぱんは奥深い。

見るからに風変わりなあんぱんや、味で驚かせるものなど、変わり種あんぱんは奥深い。

でも、あんぱんって、パンにあんこが入っているだけでしょ……? と思いきや、意外と変わり種あんぱんがあることが分かった。今回は、編集部が厳選した一度は食べてみたい“変わり種あんぱん5選”を紹介しよう。

桜あんぱん

栃木県佐野の名物として地元に認知される、「桜あんぱん」。てっぺん部分には、桜の塩漬けがデコレーションされており、袋の中には桜の葉が一枚同封される。桜餅のようにパンを葉で包んで食べても◎。5個入り=720円。

ナカダのパン

アンパンマン

?やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

?やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

言わずと知れた子どものヒーロー、「アンパンマン」をかたどったアンパンを発見。販売するのは、横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール。北海道産のあずきをたっぷり使ったつぶあんが地元住民を中心に好評のよう。「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールは、アンパンマンとオリジナルパンが全部で19種類あります! できたてのおいしいパンが大人気です」と広報担当者。1 個=310円

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

ヒスイパン

富山県下新川にある清水製パンが販売するのは、あんパンの表面に緑色のようかんを塗った「ヒスイパン」。なんでも50年以上前にパンの焦げた部分に、ようかんをつけたのが始まりとか。氷温長時間発酵で熟成させた生地はしっとりとしていて、口溶けの良い餡はどこか昔懐かしい味わい。1個=132円。

清水製パン

薄皮あんぱん

東京・大島にあるメイカセブンが販売するのは、ぱっかり割って驚く一品。生地の厚さはわずか約3ミリという超薄皮なのだ。口に含むと、あんこが口いっぱいに広がり、昭和33年の創業以来、地元ファンにも愛され続けている。味は、こし餡とおぐら餡の2種類。1個=185円。

メイカセブン

梅干あんぱん

神奈川県箱根にある明治24年創業の老舗店・渡邊ベーカリーが販売するのは、梅干丸ごと1個を餡で包んだ「梅干あんぱん」。店主の親戚が、小田原市曽我で梅干し農家を営んでいることでコラボが実現したという。梅干しは保存用としてしっかり塩に漬込んだ“種入り”にこだわり、ここから餡に合う適度な酸っぱさに塩抜きして微調整を行うという。甘さと酸味の絶妙なバランスが人気の一品。1個=260円。

▼渡邊ベーカリー
TEL:0460-82-2127

今年の4月4日は金曜日の平日。“花金”に、夜桜見物する予定のある人は、あんぱんを差し入れに持っていくと、ちょっとした小ネタになって喜ばれるかも。

(両角はるか+ノオト)

リンクをコピー
関連記事関連記事