ホームセンターのバイヤーが教える! オススメの掃除用具&洗剤

公開日:
最終更新日:

突然だが、みなさんの部屋には掃除用具や洗剤はどのくらいあるだろう。実は「適当に買いそろえている」という人も多いのではないだろうか?

「スプレーハンディブラシ」はカインズホームで購入可能。本体(ブラシ付き)は498円、その他アタッチメントは各198円だ

「スプレーハンディブラシ」はカインズホームで購入可能。本体(ブラシ付き)は498円、その他アタッチメントは各198円だ

そこで、その道のプロであるホームセンター大手「カインズホーム」の清水さん(掃除用具担当)と、中村さん(洗剤担当)に、オススメの掃除アイテムを聞いてみた。まずは掃除用具から。

「拭き掃除に欠かせない雑巾は、従来のタオル地ではなく マイクロファイバー製のものがオススメ。極細の合成繊維でできているので、普通の雑巾よりも細かな汚れを落としやすいですし、繊維が残りづらいです。吸水速乾にも優れていますよ。あと『スプレーハンディブラシ』という商品は空になったペットボトルを利用した掃除用具。これはブラシやスポンジなど数種類ある専用アタッチメントに、水を入れたペットボトルを取り付けて使用します。汚れたら水道で洗う、という手間が省けます」(清水さん)

マイクロファイバーの雑巾は、ピンクやグレーなど色どりが豊富。インテリアにこだわる人にとってもオススメと言えそうだ。では続いて、洗剤はどうだろうか。

「重曹水クリーナーは持っておいて損はないのでは? 手アカ水アカ、軽い油汚れなど様々な汚れが落とせますし、界面活性剤を使用していないので身体にも優しいです。自分で重曹を溶かす必要が無いのも楽ですよね。また、アルコール除菌スプレーは、最近、食品添加物だけで作られているものも増えました。食品にかかってしまっても安心なので、台所回りの掃除には重宝しますよ」(中村さん)

CHINTAI情報局でも度々取り上げられている重曹がここでも登場。やはり掃除アイテムとしては欠かせないアイテムなのかもしれない。

ちなみに、「手前味噌みたいになってしまいますが……」と付け足してくれたのは“プライベートブランド商品(PB商品)”のこと。メーカーではなく販売店が作った商品を指すのだが、製品自体の性能はメーカーの商品と大差ないうえに価格が安いという利点があるそうだ。「洗剤に限れば100円前後安いこともある」(中村さん)という。節約している人はPB商品もチェックしてみるべきだろう。

身体をいたわりつつ、効率のよい掃除ができる上記アイテム。まずはひとつからでも手に入れてみてはいかがだろうか?

(松本まゆげ+ノオト)

<オススメ記事>
▼細菌は便座の20万倍!? 食器用スポンジの交換頻度は?
https://www.chintai.net/news/201310/24-01/

リンクをコピー
関連記事関連記事