部屋の三角コーナー、有効活用方法は?

公開日:
最終更新日:

たまに見かける三角形などのちょっと変わった間取り。そのような部屋に見られる、鋭角に尖った部屋の角をどう有効活用しようか、頭を抱えている人もいるのでは?

こんな形の間取り図、たまに見かけるけど……。

こんな形の間取り図、たまに見かけるけど……。

通常の家具が置けないような三角スペースは、掃除はしにくいし、何も置くことが出来ずデッドスペース化しているケースが多数だろう。そんなスペースを少しでも快適な収納に変身させることはできないのだろうか? 整理収納アドバイザーのほしなとし子さんにアドバイスを聞いてみた。

「まず、引き出し収納は、引き出すスペースが取りづらいと思うので不向きですね。置型の収納がしたい場合は、棚収納がオススメですよ」

それでも、既成品ではなかなか鋭角の棚は売っていない。どうしても見つからない場合は、自作しかないようだが……。

「壁を使って棚を作る場合は、壁面の釘が打てる部分を確認し、L字金具などを取り付けましょう。棚板の耐荷重を守って収納してください。また、本棚のような側面がある収納よりも、オープン棚のような抜け感がある収納のほうが作りやすいし、見た目にもオススメです。物を詰め込み過ぎず、『見せる(見える)収納』を心がけると良いでしょう」(ほしなさん)

また、置型にこだわらなければ、より使いやすい収納方法もあるようだ。

「このようなスペースを収納として使う場合は、置型家具よりも『かける収納、吊るす収納』が向いています。奥と手前で高低差をつけてフックを取り付けると、正面から見やすく、出し入れもしやすくなりますよ」(ほしなさん)

なるほど! 吊るすタイプなら、掃除もしやすそうだ。また、鋭角部分に照明を入れると、演出効果も高まって部屋の雰囲気作りもできる

ほかにも使いづらい部屋の形のひとつに、曲線の壁というのもある。そんな部屋でも上手に収納スペースを確保する方法はあるのだろうか。

「アール部分は、鋭角同様、四角い家具を置くのは不向きです。ただ視界が良いので、正面とその左右に、幅の狭い置き家具を左右対称に配置すると良いでしょう。正面から見た時に一目で物の位置を把握できるように収納を作るのがポイントです」(ほしなさん)

あなたの家のちょっと困ったスペース、今回のアイデアを参考に収納場所に変身させてみてはいかが?

(ミノシマタカコ+ノオト)

<関連リンク>
▼スタイルストレージ
http://www.style-storage.com/

<オススメ記事>
▼部屋がおしゃれになるだけじゃない!? 観葉植物の意外なメリットとは
https://www.chintai.net/news/201401/27-02/
▼ハゲた! 荒れた! 諦めた!? みんなの掃除失敗談
https://www.chintai.net/news/201312/06-02/

リンクをコピー
関連記事関連記事