よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > インテリア > 部屋がおしゃれになるだけじゃない!? 観葉植物の意外なメリットとは

部屋がおしゃれになるだけじゃない!? 観葉植物の意外なメリットとは

観葉植物といえば、インテリアのなかでも人気が高いアイテムのひとつだ。置くだけで部屋がおしゃれに見えるといった効果もあることから、「いつかは自分も……」と考えている人は多いのではないだろうか?

比較的「育てやすい」とされる観葉植物だが品種によって微妙に差が。購入の際は見た目のほか詳しい育て方もチェック!

比較的「育てやすい」とされる観葉植物だが品種によって微妙に差が。購入の際は見た目のほか詳しい育て方もチェック!

そんな人たちの背中を押すような話がある。実は観葉植物は、部屋をおしゃれに見せる以外にも、室内や住人に良い影響を及ぼす様々な効能があるのだ。そこで具体的な効能について、観葉植物やガーデニング関連の通販を行っている大手サイト「ブルーミングスケープ」大塚雄一さんに聞いた。

「まず人体に与える影響としては、目の疲れを癒やしたり、心を和ませたりといったものがあります。これは緑という植物本来の色によるものですね。また、とある実験では、身体そのものの疲労回復や持久力アップに繋がるという結果も出ているそうですよ」

これらは植物そのものの効能であるため、屋外の植物でももちろん同様の効果が得られるが、暮らしにより身近な観葉植物という形で触れていれば、効果が一層実感できそうだ。では次に、室内空間にはどういった効果があるのだろうか。

「ひとつめは、空気の浄化ですね。一説には『観葉植物の土壌に生息するバクテリアが、空気中の汚染物質を分解・ろ過する』と言われているんですよ。ふたつめは、葉の気孔から水蒸気を排出する“蒸散”という働きにより、加湿効果も期待できます。冬場、暖房で乾燥しがちな室内にはとくに効果的かもしれませんね」

しかも蒸散は、室内の湿度によって排出する水蒸気の量も増減し、適度な湿度を保ってくれるとか。つまり、空気清浄機や加湿器を使わずしてそれに近しい効果が得られるというわけだ。これこそまさにエコ!

ちなみに上記の効果を得るためには、6畳の部屋の場合、背の高い大鉢の植物なら1つ、棚の上などに飾るような小鉢ならば5つ程度置くのが目安だそうだ。メリットだらけの観葉植物。みなさんの部屋にもいかが?

(松本まゆげ+ノオト)

<関連リンク>
▼ブルーミングスケープ
http://www.bloom-s.co.jp/

<オススメ記事>
▼観葉植物を枯らさないためには、どんなことに気をつければいいの?
http://www.chintai.net/news/201311/01-02/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger