冬の「ジンワリ乾燥」が引き起こす脱水症とは?

公開日:
最終更新日:

「脱水症」というと、炎天下の屋外で起こるというイメージではないだろうか? ところが、冬は自宅に居ながら脱水症状が起こり、最悪の場合、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすことがあるという。

部屋にいるのに脱水症状ってどういうことなの?

部屋にいるのに脱水症状ってどういうことなの?

大量の汗をかいているわけでもないのに、どうして脱水症になるのだろうか? 「教えて! 『かくれ脱水』委員会」の委員長、服部益治さんにそのワケを聞いてみた。

「冬に脱水症状を引き起こす主な原因は2つ。1つは病気によるものです。インフルエンザの高熱で汗が出たときや、ノロウイルスなどによるおう吐や下痢によって、身体に必要な水分量が失われていくからです。もう1つは、空気の乾燥によるもの。濡れたタオルを室内に干していたら、パリパリに乾いていたという経験はありませんか? 人の体もタオルと同様、乾燥した環境にいると体内から水分が奪われるのです」

夏とは違い、知らず知らずのうちに水分が抜けていくところに怖さがあるというのだ。水分が失われると体内の血液はドロドロ状態になり、各種「梗塞」を引き起こすことにもつながるそう。ジンワリ脱水に陥らないためには、やっぱり水分補給が一番?

「その通り。じわりの脱水症は乾きを感じにくいので、こまめに水分をとるのがポイントです。その際、おすすめは水か白湯にすること。緑茶やコーヒー、アルコール類などは利尿作用があるので、水分補給にはなりません。特に、寝る前と寝起きには、必ずコップ1杯の水か白湯を取ることを意識してください」

水分補給のほか、部屋の湿度を高めることも意識したい。例えば、濡れたタオルを干したり、植物を置いたりするのが効果的だ。

トイレが近くなるからといって水分を控えるのは絶対NG。冬の脱水症の危険性を知って、マメな水分補給を心がけよう。

(南澤悠佳/ノオト)

<関連リンク>
▼かくれ脱水JOURNAL
http://www.kakuredassui.jp/

<オススメ記事>
▼乾燥肌が気になる季節……加湿器っていつから使用する?
https://www.chintai.net/news/201310/16-02/

リンクをコピー
関連記事関連記事