おしゃれな朝食から一日を始めよう! 都内の人気店まとめ

公開日:
最終更新日:

最近、「朝活」や「エクストリーム出社」という言葉を耳にしないだろうか。早朝を趣味の時間に当てたり、早めに出勤して効率的に仕事をしたりして朝の時間を有効活用しているのだ。そのなかでも注目されているのが、朝食だ。

朝食をしっかりとることで身体がリセットされ、仕事の効率がグッと上がる。

朝食をしっかりとることで身体がリセットされ、仕事の効率がグッと上がる。

朝食は睡眠中に下がった体温を上げ、頭と身体をすっきりと目覚めさせてくれる。一日の生活リズムを整えてくれる朝食の重要性は、近年さまざまな研究で明確になっているのだ。こういった認識の高まりと朝活ブームの影響を受けてか、朝食をメインメニューに掲げる個性豊かな飲食店が続々とオープンしている。そこで、都内で注目の朝食が食べられる店をリサーチしてみた。

エッグセレント

2013年11月に六本木ヒルズにオープン。欧米の代表的な朝食、イングリッシュマフィンの上にベーコンやポーチドエッグをのせた「エッグベネディクト」を提供することで話題に。厳選されたオーガニックの卵にこだわり、マフィンの代わりに米を使用したオリジナルメニューも提供。スムージーやフレッシュジュースの品揃えも豊富だ。平日は朝7時から営業している。

ワールド・ブレックファスト・オールデイ

2013年5月に外苑前にオープンした同店は、「朝ごはんを通じて世界を知る」をコンセプトに、2ヶ月に1回、国を変えてその国の伝統的な朝食メニューを展開しているユニークな店。これまでにはヨルダンやメキシコ、ベトナムなどのメニューを提供してきた。訪れるたびに新鮮な朝食と出会えるだろう。

町村農場直売ショップ 丸の内店

新丸の内ビルにある、北海道町村農場の直営店。イートインスペースでは、季節ごとに変わるスイーツのほか、オリジナル商品「れんがパン」の上に新鮮なチーズがとろける「れんがパンチーズトースト」や「町村ミルクのコーンスープ」など、農場直営店ならではのメニューが楽しめる。平日は7時30分からオープンしているので、出勤前のカジュアルな朝食にピッタリ。

ELLEカフェ 六本木ヒルズ店

すっかり定着した朝食メニュー「スムージー」が気軽に楽しめるカフェ。クイックスタイルなので、カウンターで手早くさっと楽しむことができる。アメリカからブームが起こり、再び注目を浴びている「スーパーフード」(12種以上の有効栄養成分を含み、低カロリーで漢方要素を取り入れた食品)を使用した3種類のスムージーは、美容と健康両方に効果を発揮してくれる。

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー 青山店

栄養価の高い「アサイー」をメインに、フルーツとグラノーラをふんだんに使用した本格的な「アサイーボウル」が食べられる同店。具材はハワイから空輸されるオーガニックグラノーラとオーガニックの蜂蜜を使用している。ハワイのカウ地方で採れた豆を使用したカウコーヒーも人気だ。

普段は家で朝食をとっている人も、朝食は食べないという人も、たまには人気の店でスタイリッシュに朝食をとってみてはいかがだろうか。ご機嫌な一日が始められるかもしれない。

(波多野友子+ノオト)

<オススメ記事>
▼超簡単で超美味しい! グルメ漫画のレシピを実際に作ってみた
https://www.chintai.net/news/201311/22-01/

リンクをコピー
関連記事関連記事