これは使える! 餅の新しい食べ方3連発!

公開日:
最終更新日:

もうすぐお正月。帰省したら実家で餅を食べる人も多いのではないだろうか。しかし、三が日にずっと雑煮やおしるこだけというのも飽きてくる……。そこで、年始に向けてちょっと変わった餅の食べ方を紹介しよう。

年末年始にかけて、お徳用パックなど、つい大量買いしてしまう切り餅。少しの工夫で楽しみ方の幅はぐっと広がる。

年末年始にかけて、お徳用パックなど、つい大量買いしてしまう切り餅。少しの工夫で楽しみ方の幅はぐっと広がる。

もちろん磯辺焼きや、きな粉餅もおいしいが、どうせならもっと斬新な食べ方をしてみたい!……ということで、餅の製造、販売を行うサトウ食品に簡単で新しい餅の食べ方を伝授してもらい、筆者自ら実際に作ってみた!

いなり餅

<材料(2人分)>
切り餅…4個
いなり寿司用
油揚げ…4枚
紅しょうが…20g

まず一品目は、3分で作れるお手軽レシピ。餅を油揚げに詰めてレンジでチンするだけなのだ。小腹がすいた時に、サクっと作られるし、おでんの具としても活躍しそう。

作り方
1.餅をいなり寿司用の油揚げに詰める。このとき、餅のかどで油揚げを切らないよう注意すること。
2.電子レンジで餅が膨れる程度加熱する。(加熱の目安は、いなり餅2個で500W・約1分30秒)
3.皿に盛って紅しょうがを添える。

餅入り具だくさんスープ

<材料(4人分)>
切り餅…4個
じゃがいも…1個(150g)
にんじん…1/3本(60g)
玉ねぎ…1/2個(100g)
ベーコン…4枚(30g)
にんにく…1片
オリーブオイル…大さじ1
固形スープの素…2個
水…3カップ
塩、こしょう…少々
パセリ…お好みで

お次は、健康的な野菜たっぷりメニューをご紹介。最近、野菜不足の筆者は、下記のレシピにキャベツとキノコ(しめじ、エリンギ)をプラス。結果、鍋なみの満足感が得られた。

<作り方>
1.じゃがいも、にんじん、たまねぎは1cm角に、ベーコンは1cm幅に切り、にんにくは薄切りにする。
2.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りがたったらベーコンを加えていためる。
3.じゃがいも、にんじん、玉ねぎを加えてしんなりしてきたら水と固形スープを入れて野菜がやわらかくなるまで煮込む。
4.手で4つ割りした餅を加え、やわらかくなるまで煮る。
5.塩、こしょうで味を調え、器に盛ったらお好みでパセリを散らす。

スライス餅生地ピザ

<材料(2人分)>
スライス切り餅…6個
ピザ用チーズ…50g
ベーコン…15g
ピーマン…6g
コーン…15g
ピザソース…大さじ2と1/2
サラダ油…適宜

最後はとにかく餅を消費したい人向けのレシピ。料理は2人前ながら切り餅を一度に6個も消費できるのだ。ちょっとしたパーティにも喜ばれそうな一品。

<作り方>
1.スライス餅を水に5分ほどつけておく。
2.中温に熱したホットプレートにサラダ油をひき、水を切ったスライス餅を並べる。
3.ピザソースを塗り、チーズ、ベーコン、ピーマン、コーンをのせる。
4.水を少々ふりかけて、蓋をして2~3分蒸し焼きにする。
※スライス餅は裏返さなくても、食べられる硬さになる

いかがだっただろうか。もともと食べ応えのある食材だけに、食事用として「アレンジ食い」することでボリューム満点の一品に仕上がる。

これらの簡単レシピは、サトウ食品の企業ウェブサイトにて多数公開中。あの手この手で切り餅をおいしく食べてみてはいかがだろう。

(両角はるか+ノオト)

<関連リンク>
▼サトウ食品
http://www.satosyokuhin.co.jp

リンクをコピー
関連記事関連記事