こだわりのテクいろいろ! みんなの「ポスターを貼る方法」

公開日:
最終更新日:

突然だが、みなさんは部屋にポスターを貼る場合、どのような方法で貼っているだろうか? オーソドックスに画鋲をつかったり、テープを使ったり、あるいは額縁に入れて吊るしたりと、様々な手法がある。

ちなみに収納方法は「丸める」のほか「ファイルにしまう」との声も。広げてしまえてクセがつかないうえ、絵柄などが確認しやすい

ちなみに収納方法は「丸める」のほか「ファイルにしまう」との声も。広げてしまえてクセがつかないうえ、絵柄などが確認しやすい

賃貸の場合でも、壁に画鋲で穴を開ける程度なら一般的には問題ない。しかし、これを除いても、「やっぱり壁を傷つけるのはイヤ!」「そもそもポスター自体汚したくない」など、人によって“こだわり”があるだろう。そこで、周囲に「自分なりのポスターの貼り方」を聞いてみた。

「両面テープで貼っています。こうすれば、画鋲とか邪魔なものもないからスッキリ見えるし、壁にもポスターにも穴が開かないですよ。粘着力の弱い両面テープなら、片付けるときもポスターからキレイにはがせます!」(28歳・女性・一人暮らし・出版)

「ポスター裏面のカドにはみ出すようにセロハンテープを貼り、はみ出した部分を折って、そこに画鋲をさしてます。ポスターに穴が開くのだけは許せないので」(30歳・男性・一人暮らし・サービス)

「書類をまとめるときに使う“ダブルクリップ”をカドに挟んで、クリップのリングの部分に画鋲をさして貼りつけています。風が吹いても取れないくらいしっかり挟んでくれるし、同じサイズのポスターなら画鋲をとらなくても付け替えできますよ」(26歳・女性・一人暮らし・OL)

「僕はダンゼン額縁派! 直に貼るより高級感が出るし。それに、紫外線がカットされるアクリル板を使えば、色あせもしづらくなります。ただ、収納するときはかさばりますけどね(笑)」(30歳・男性・一人暮らし・IT)

「ポスターを広げた状態で収納できる専用ファイルのポケット部分を切り離して、ポスターを貼るときのカバー代わりにしています。見栄えがいいかと言われるとちょっと微妙だけど、色あせたり汚れたりするのが嫌だから止められません」(27歳・女性・一人暮らし・教育)

予想以上に、バリエーション豊かな方法が飛び出した。「目からウロコ」なテクはあっただろうか?

また、貼る際にもうひとつ気になるのが“傾き”だ。ポスターが大きいほど、なかなか傾度0°の水平位置を調整しづらい。こんなとき、もしあなたがiPhoneユーザーなら、標準装備されている「コンパス」機能を活用してみよう。iOS7から、傾度が測れるようになったのだ。

有名人のグラビアや風景写真など、好きだからこそ部屋に貼るポスター。自分が納得する方法を見つけて、キレイに大切に扱おう!

(松本まゆげ+ノオト)

リンクをコピー
関連記事関連記事