1階の庭付き賃貸物件なら、バーベキューパーティーもOKなの?

公開日:
最終更新日:

賃貸でバーベキューパーティーはOK?!

近所で見かけた庭付き賃貸物件。1階ならではの特権といえ、布団を広々と干していたり、庭にブランコを置いて子どもが楽しんでいたりと、なんだかうらやましい! もしかして、バーベキューを楽しむこともできちゃうの!?

残念ながら、友人を集めて庭でバーベキューはハードルが高いよう……
残念ながら、友人を集めて庭でバーベキューはハードルが高いよう……

「私の知っている範囲では、アパートが2棟あって、その間の庭が共用スペース、さらに大家さんも住んでいるので、住民みんなでバーベキューをしていたという例がありました。でも、これはかなり稀なケースです。集合住宅におけるバーベキューは、においや煙、話し声などが近隣の方の迷惑になるため禁止されていることがほとんど。キャッチボールなども、隣の人の庭に入り込んでしまう可能性があるので、あまり好ましくないようですね」

こう話すのは、エイブル高田馬場店店長の坂井亮さん。実は、専用庭は「専用使用権が認められた共用部」であって、管理規約などで使用ルールが定められている。そのため、どんな使い方をしても良いわけではないのだ。

では、共用部としてどう利用するならアリ?

「基本的に、そのスペース内で完結する内容であれば大丈夫です。子どもが遊べるようなビニールプールを用意したり、庭いじりが好きでガーデニングや盆栽をしていたりする人は多いですね。ほかにも、日光浴を楽しんだりしている人もいらっしゃいます」

家の中で料理したものを外で食べるのは問題ないので、ミニテーブルやイスを置いて、夜風に当たりながらゆっくりと食事を味わうなんて楽しみ方もできそうだ。

ところで、庭のある物件はそこまで多くない印象を持っているのですが、実際のところは?

「おっしゃる通り、庭付き物件は市場全体の1~2割といったところです。物件自体の特徴も、築50年近くの古めで広いタイプか、ファミリー層を狙った高級賃貸の両極端に分かれています」

また、庭付き物件で気になるのがそのお手入れ。専用庭に対しては「善管注意義務」と呼ばれ、部屋を借りる際に他者に迷惑をかけずに利用する義務が発生するという。つまり、雑草ボーボーのまま放っておくことはNGなのだ。そういった責任を負うこともしっかり認識しておきたい。

とはいえ、せっかく住むことになったら可能な範囲で思いっきり楽しみたいもの。自分ならではの使い方に想像を膨らませるのも、引越しの醍醐味なのだから。

(南澤悠佳/ノオト)

<関連リンク>
▼エイブル高田馬場店
http://shop.able.co.jp/000000015/

リンクをコピー
関連記事関連記事