京成本線の特優賃の賃貸【CHINTAI】|特優賃の賃貸・部屋探し情報

京成本線の特優賃の物件

国や自治体から家賃補助がでる特優賃の物件をご紹介します。

京成本線の特優賃の物件のポイント
特優賃の物件は、良質な住宅を借りるため経済的負担を軽減した公的賃貸住宅制度が適用された物件を指します。民間の土地所有者が物件のオーナーとなって住宅を建築する際に、地方自治体や国が受けた補助金や住宅支援機構の資金を活用して、良質な特優賃の賃貸住宅を提供します。補助金はオーナーに家賃補助として支給され、物件を取り扱う仲介業者が特優賃物件として入居者の募集や管理をする仕組みとなっています。 特優賃の物件の良いところは、礼金、仲介手数料が不要であったり家賃が安く設定されている点です。短期的に見た場合、新婚や転勤などの経済的負担を減らしたい方におすすめの賃貸物件です。

希望の街の特優賃の物件を探そう!

京成本線の特優賃の物件
物件一覧へ

特優賃の物件のオススメ記事

ハイスペック住居をリーズナブルに借りられる?「特定優良賃貸」とは

ハイスペック住居をリーズナブルに借りられる?「特定優良賃貸」とは
毎月の支出の中でも大半を占める住居費。部屋のグレードは下げたくないけど、家賃は抑えたい。もしそう考えているなら、ぜひ知っておいてもらいたいのが「特定優良賃貸(以下、特優賃)」だ。

もっと読む

特優賃の物件のポイント

  • Point1
    特優賃の物件の種類とは
    自治体や公社が建設管理するもの、民間の建物を公社が借り上げたり管理を受託するもの、民間の会社が管理するものなどがあります。
  • Point2
    特優賃物件とはどんな物件?
    中堅所得者層のファミリーに対して優良な住宅を供給するのが目的の広さや設備の基準を満たした優良な住宅です。
  • Point3
    特優賃物件を借りるには?
    入居には物件ごとに入居資格の審査や先着順受付などの特有のルールがあるので要確認!

特優賃の物件についてプロに聞いてみた

オペレーター

特優賃の物件のポイントは、良質な住宅が安い賃料で提供される点であり、主に中堅所得のファミリー層向けにリーズナブルな費用で住宅を供給することを目的としており、仲介手数料や礼金がいらない、家賃が安く抑えられるなど経済的メリットがあります。特優賃の制度では「特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律」に基づいて国や地方公共団体の補助金や、住宅金融公庫などの資金を利用して建設します。管理業務は委託された民間の会社が行うケースが多く、入居するためには一定の条件をクリアしなければなりません。例えば市区町村によっては、成年であることや同居親族がいることなど各種条件があります。
特優賃の物件の注意点は、ファミリー層が対象となっており単身での入居はほぼないことです。おおむね年収400万円~1000万円程度の中堅世帯を対象とする所得制限があります。補助金には20年間の期限があり、期間の経過とともに家賃補助額が減り経済的負担が増えるケースがありますので注意しましょう。なお家賃負担が一定のタイプもあります。制度の期限20年の経過後には契約主が変わり別途契約を結ぶ必要があります。

ページ上部へ戻る