大野城市の納戸ありの賃貸【CHINTAI】|納戸ありの賃貸・部屋探し情報

大野城市の納戸ありの賃貸物件

収納以外にも使い方が様々考えられる納戸あり賃貸物件をご紹介します。

大野城市の納戸ありの賃貸物件のポイント
納戸がある賃貸物件を検索できます。建築基準法に従うと居室とは呼べない部屋が納戸です。多くの場合は、窓が無かったり、有っても小さかったり、納戸自体の広さが狭かったりするケースが多いです。長く過ごすには不慣れかもしれませんが、収納として利用したり、趣味や書斎や仕事部屋として活用したり、納戸であっても使い道は考えられます。どんな納戸が欲しくてどう活用するか、イメージを膨らませながら、納戸のある賃貸物件を探してみてください。

納戸あり賃貸物件を探そう!

大野城市の納戸ありの賃貸物件
物件一覧へ

納戸ありの賃貸物件のオススメ記事

納戸とは?サービスルームとの違いや、活用方法を紹介

納戸とは?サービスルームとの違いや、活用方法を紹介
間取り図の中に「納戸」という記載を見かけることがあるが、居室と何が違うのか分からないという人も多いだろう。ここでは納戸の定義やサービスルームとの違い、納戸のメリットや注意点、活用方法を紹介する。納戸のある物件に興味がある人、納戸を物置として使っているがそれ以外の活用方法を知りたい人はぜひ参考にしてほしい。

もっと読む

納戸あり賃貸物件特集のポイント

  • Point1
    納戸は居室ではないが、仕切られた空間として活用できる
    狭かったり窓が無かったりするケースが多く、居室とは認められない納戸ですが、それでも部屋としてドアがあって仕切られている空間なので、部屋と同じように利用することが出来るかもしれません。納戸がある場合、広さだけでなく、換気性や採光、コンセント設備やエアコン設置などを確認しましょう。
  • Point2
    納戸丸ごと収納スペースとして使うのもオススメ
    趣味でモノが多い方や、服や靴が多い方には、納戸のある賃貸物件が非常にオススメです。納戸を丸ごと収納部屋として利用すれば、生活空間と完全に切り離した大量の収納力を確保できます。備え付け収納や自分で用意した収納を駆使する必要はありません。
  • Point3
    子供部屋や来客用の部屋としても使える
    納戸の設備環境をチェックして部屋として使えそうなことが前提ですが、納戸は子供部屋としての活用ができる可能性もあります。そのほの他には、来客があった際に一時的に利用してもらう簡易的な空間の部屋として準備しておけば、急な来客があっても困りません。

ページ上部へ戻る