神奈川県の築10年以内の賃貸・不動産情報で賃貸マンション・賃貸アパートなど賃貸物件の部屋探し

神奈川県の築10年以内の賃貸物件

築10年以内の賃貸物件を紹介します。

築10年以内の賃貸物件のポイント
築10年以内の賃貸アパート・マンションを検索できる特集です。築10年以内の物件は内装や設備等が古すぎることもありませんが、新築や築浅ほど家賃も高くないため、人気条件の一つです。比較的綺麗目の物件に住みたいけれど、家賃も抑えたい方におすすめです。10年近くなると、築年数による劣化も気になるかもしれませんが、管理状態が良ければ古すぎたり汚すぎていることはないでしょう。気になるようであれば、内見時に特に水回りやトイレなどを中心にチェックしてみましょう。

希望の街の築10年以内の賃貸物件を探そう!

沿線から探す
路線一覧へ
住所から探す
住所一覧へ
♥気になるリストに物件を追加しました
気になるリストを確認

閉じる

築10年以内の賃貸物件のオススメ記事

賃貸の築年数や耐震性はどう見極める?部屋探しの目安も解説

賃貸の築年数や耐震性はどう見極める?部屋探しの目安も解説
物件選びの基準は人によって異なるが、築年数を重視する人は多いのではないだろうか。築年数や耐震性を判断する目安、築年数ごとに異なるメリット・デメリットを確認しよう!

もっと読む

築10年以内の賃貸物件の特集ポイント

  • Point1
    新築や築浅より家賃を抑えられる!
    綺麗な物件に住みたいが、家賃もある程度は抑えたいという方には、築年数を10年程度でみてみるのがおすすめ。
  • Point2
    内見時のチェックポイントは?
    築年数を重ねると気になるのはやはり室内の綺麗さや設備の状態。内見時には、水回りを中心に見てみると良いでしょう。また、外気にさらされている外観・外壁などの状態も確認しておくと良いかもしれません。
  • Point3
    耐震基準は大丈夫?
    日本では地震も多く、賃貸物件を選ぶ際に耐震性も気になるでしょう。日本では1981年に「新耐震基準」が定められています。震度6強~7程度の揺れでも家屋が倒壊・崩壊しない現在も適用されている基準です。築40年以内の建物であれば基本的に新耐震基準で建てられていると考えて問題ありません。

ページ上部へ戻る