交通局前駅のバリアフリーの賃貸【CHINTAI】|バリアフリーの賃貸・部屋探し情報

交通局前駅のバリアフリーの賃貸物件

段差が少なく、廊下や階段に手すりがあるバリアフリーの賃貸物件をご紹介します。

交通局前(熊本)駅のバリアフリー物件のポイント
バリアフリー物件とは、共用スペースや室内に段差が少なく、高齢者・身体の不自由な方も安心して暮らせる設計の物件です。玄関、トイレ、浴室など体勢を変えやすい場所に手すりがついた物件も豊富です。高層階のある物件ではエレベーターが設置されているため、階段の上り下りに不自由することも少ないでしょう。 バリアフリー物件の良いところは、異なる世代が安心して暮らしやすい点です。急なケガなどにより松葉杖や車いすの使用が必要となった際も、自宅の出入りがしやすいでしょう。高齢のご夫婦はもちろん、介護をしている方や小さなお子様がいるご家庭にもおすすめの特集ページです。

希望の街のバリアフリー物件を探そう!

交通局前(熊本)駅のバリアフリー物件
物件一覧へ

バリアフリー物件はこんな人におすすめ

  • Point1
    小さいお子さんのいる家庭
    室内の段差が少ないバリアフリー物件なら小さいお子さんにも安心!
  • Point2
    高齢者・身体の不自由な方がいる家庭
    室内に手すりなどがあるバリアフリー物件なら身体が不自由でも快適に暮らせます!
  • Point3
    あらゆる方に
    急な怪我など、いざというときにも日常生活に困らない!

バリアフリー物件についてプロに聞いてみた

オペレーター

バリアフリー物件を探すポイントは2つあります。1つ目はセキュリティや入居条件を確認することです。高齢者や小さなお子様の安全を考慮するならば、TVモニターホンや防犯カメラ、24時間緊急通報システムなどセキュリティ設備の充実さが安心につながるでしょう。将来的に介護の必要が考えられる場合、独身の方は、あらかじめ2人入居可の物件を選んでおくことをおすすめしています。2つ目はアクセスの利便性についてです。バス停や最寄り駅へのアクセスがしづらい場合、家族の送り迎えやタクシーの送迎が必要となる場合もあります。特に自家用車よりも交通機関を利用する頻度が多い方は必ず確認しておきましょう。
バリアフリー物件での注意点は、安全を考慮した細かな設計の有無です。バリアフリー物件では段差の少なさや取り付けられている設備に意識が向きやすいですが、分かりやすい設備にだけ注目せずチェックしたいところです。また共用スペースや室内の床は滑りにくくなっていないでしょうか。特に外廊下や玄関の床が滑りやすい材質の場合、雨天時は転倒リスクが高まります。このほか、玄関にドアクローザーが使用されているか、浴槽のまたぎが高すぎないかなどのポイントもチェックできると安心です。家族全員が安心して暮らせるバリアフリー物件を探しましょう。

ページ上部へ戻る