バナー バナー
同棲
最終更新日:2022/07/27

同棲にかかる初期費用をカテゴリー別に紹介!費用を抑えるコツも一緒に確認しよう

同棲にかかる初期費用

これから同棲を始めようと考えている皆さんは、同棲にかかる初期費用がいくらかかるか把握していますか?
どれぐらいかかるかを把握しておけば、計画的な貯金ができ、余計な出費を抑えることができます!

今回は、同棲にかかる初期費用についてカテゴリー別に解説します。
同棲を始める前に、必要な費用の概要を知りましょう。

また、費用を抑えるコツも一緒に紹介します。同棲生活を始めるには、初期費用のほかに引越し費用や家具家電の購入費用といったお金が必要です。同棲に必要な費用と費用を抑えるポイントを把握し、快適な同棲生活を始めましょう♪

ぺやさがしアプリのダウンロード

同棲にかかる初期費用はいくら?

同棲に必要な初期費用の目安は、家賃6ヶ月分~7ヶ月分です。およそ100万円前後のお金が必要となります。

2022年2月24日現在、東京都荒川区の1LDKの家賃相場は12万円です。
(参考:CHINTAI

例えば、荒川区にある1LDKの賃貸物件で同棲生活を始めるとすると、初期費用は72万円~84万円ほどかかります。

ここでは、初期費用の内訳を3つに分けて解説します。同棲を始める前にしっかり確認しましょう。

賃貸契約の初期費用・・・約60万円前後

賃貸物件を契約するには、いろいろな費用がかかります。すべて合わせると60万円前後のお金が必要です。家賃が12万円の賃貸物件を契約する際に、必要な費用の内訳を見てみましょう。

相場 家賃12万円の場合
敷金 家賃1ヶ月分 12万円
礼金 家賃1ヶ月分 12万円
前家賃 家賃1ヶ月分 12万円
日割り家賃 入居日による 6万円(15日に入居した場合)
仲介手数料 家賃0.5ヶ月分~1ヶ月分プラス消費税 6.6万円~13.2万円
火災保険料 カップルや家族の場合2万円程度 約2万円
保証料 家賃0.5ヶ月分~1ヶ月分 6万円~12万円
鍵交換費用 1万円~2万円程度 約1万円~2万円
合計 60万前後 約71.2万円

(※合計は最大金額で計算)

家賃が12万円の賃貸物件を借りるなら、約71.2万円の初期費用が必要です。部屋によって、クリーニング費用や消臭費用といった追加費用がかかる可能性もあります。

引越しにかかる費用・・・約10万円前後

引越しにかかる費用はおよそ10万円です。引越し方法によっても、費用は大きく異なります。業者に依頼するか、自分たちで作業するかで大幅に変わるでしょう。

また、引越し業者に依頼する場合、プランやオプションによっても費用は変わります。自分たちに適したプランを見つけましょう!

お互い一人暮らしのカップルが、新たに賃貸物件を契約して同棲生活を始めるなら、お互いの引越し費用がかかることも覚えておきましょう。
それぞれ、自分の引越し費用を用意するのが理想的です。

家具家電にかかる費用・・・約30万円前後

家具家電の購入費も必要です。ブランドや容量によって、必要な費用は変わりますが、およそ30万円用意があれば、生活に必要な家具と家電はそろいます。それぞれの内訳を見てみましょう。

金額相場
ダブルベッド(フレームのみ) 約1.5万円~4万円
洗濯機 約5万円(縦型・容量7キロの場合)
冷蔵庫 約8万円~10万円(330L~350Lの場合)
テレビ(40インチ) 約5万円
テレビボード 約1万円
オーブンレンジ 約2万円
ダイニングテーブルセット 約2万円
合計 約29万円

(※合計は最大金額で計算)

生活スタイルによって必要な家具家電は変わりますが、30万程度用意があれば必要なものはほとんどそろいます。同棲前に、必要な家具家電を書き出すのがおすすめです。

次ページでは、同棲にかかる初期費用と抑え方をご紹介!

1 2